ブログ


ペットの墓石や仏壇。みんなはどうしてる?

  • はじめに

大切なペットがお空へ旅立ったあと。

気持ちの整理がついたところで考えたいのが「墓石」と「仏壇」です。

 

近年ではペットのお骨をそのまま保管していたり、アクセサリーなどに加工することが流行っていますが、飼い主さんもこの世にいつまでもいられる訳ではありません。

 

本日は、ペットのお骨を大切にしたい場合の「納骨」と「墓石」、そして毎日ペットを感じることのできる「仏壇」についてご紹介いたします。

 

  • ペットのお骨はどこに納骨する?

ペットのお骨は人間の場合と違い、明確に納骨する目安の時期はありません。

ペットロスが落ち着いたタイミングでもかまいませんし、ペットちゃんとのお別れから数年が経過した後でも大丈夫です。

 

ペットのお骨は法律上、廃棄物にあたります。

そのため自分で所有している土地以外に埋葬することは不法投棄にあたりますので、注意が必要です。

そのため一般的にはペット専用の霊園や、ペットと飼い主さんが共に眠ることのできる霊園での埋葬が納骨をオススメしております。

 

なお自宅の庭にお骨を埋めることは法律の上では可能ですが、後々の土地売却などでトラブルになる可能性もありますので、十分に注意してください。

 

  • ペットの墓石にはどんなデザインがあるの?

納骨と同様にペットの墓石やお墓に対して明確な決まりはありません。

ペット火葬そのため現代では、飼い主さんからペットへの最後の贈り物として思い思いの墓石をオーダーされる方が増えています。

 

ペット霊園やペットと共に入ることのできるお墓では、御影石を使って立体的にペットの姿を再現した墓石や、在りし日の写真を彫った墓石など、飼い主さんの愛情が伝わる墓石が多く見受けられます。

 

一方で自宅の庭に墓石を設置したいという方は、シンプルなメモリアルプレート型の墓石をチョイスされる方が多い印象です。

立体的な墓石をお庭に設置することによる転倒のリスクや、周囲からの景観を想定し、地面にはめ込むような形の欧米風な墓石が人気となっています。

 

  • 想いのこもった仏壇のある暮らし

ペットのお骨を納骨したり埋葬した後も、日々ペットを感じていたい方におすすめなのが仏壇です。

故人を偲ぶ仏壇に比べて、小ぶりなサイズのものが豊富に展開されているペット用の仏壇は、デザインもおしゃれなものからシンプルなものまで揃っており、ご自宅のインテリアに合わせて自由に選ぶことができます。

また近年ではペットへの想いを込めて、仏壇をDIYされる方も多くいらっしゃいます。

ぜひ毎日お水やお線香をお供えして、お空のペットちゃんに語りかけてあげてくださいね。

 

  • おわりに

家族の一員として楽しいひと時を共にしたペット。

お別れしたあとも、ペットのことを忘れ去る必要はありません。

 

ペットロスが落ち着いたタイミング、家族の都合が落ち着いたタイミングで、納骨や墓石、お仏壇など、ペットへの想いを形にしてあげてくださいね。

ペット火葬

ペット火葬

ペット火葬・お引取り・供養など、「ペットセレモニーおおくら」が大切なご家族の旅立ちを心を込めてお手伝いいたします。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      © 2016 三重県でペット火葬ならペットセレモニーおおくら