ブログ


いよいよ冬本番!寒い時期の犬の散歩は「寒暖差」に要注意?

  • はじめに

厳しい寒さに包まれる日本列島。

いくらワンちゃんが喜ぶお散歩とはいえ、この寒さでは頻繁に外に連れ出すこともはばかられますよね。

 

ペット火葬とはいっても、ワンちゃんにとっては寒い時期でもお散歩は必須で、健康維持のために欠かすことはできません。

本日は寒い時期に大切な愛犬をお散歩させる際の注意点についてご紹介いたします。

改めてワンちゃんのケアを心がけ、快適なペットライフを楽しんでくださいね。

 

  • お外との寒暖差に注意

この時期、ペットのためにおうちをしっかりと暖めていらっしゃる方は多いですよね。

居心地のよい室内から寒い外に出るときは、寒暖差による不可がかからないか配慮してあげる必要があります。

 

特にチワワやパピヨン、マルチーズなどの小型でシングルコートの犬種の場合、もしくはシニア犬や持病のある犬などは、暖かい冬用のお洋服を着せてあげると安心です。

雪のふる地域や、路面の凍結があるエリアでは、犬用のスノーブーツを着用することもおすすめです。

 

  • まずは玄関でウォーミングアップ

お洋服やお靴を着用したら、少し室温の落ち着いてる玄関や納戸などで、寒さに体を慣らしましょう。

特にお天気を確認し、あまりに寒さが厳しい場合や、雨・雪が激しく降っている場合は、お散歩コースを短くすることを検討されてみてください。

 

  • 冬の「暗さ」にも注意

寒さと同じくらい気を付けたいのが、冬の薄暗さです。

日照時間が短い冬の間は、お散歩に行く時間帯によっては想像以上に薄暗い中を散歩する必要があります。

飼い主さんのお洋服やリードは反射材がついているものを選んだり、なるべく明るい道を通るなど配慮が必要です。

 

  • 帰宅後はしっかりと毛を乾かし、保湿を

お散歩からもどったら、まずはお散歩用のお洋服を脱がせてあげましょう。

雪や汗などで濡れてしまったぶぶんはしっかりとタオルで拭き上げて、ドライヤーなどでしっかりと毛の中まで乾かしてあげる必要があります。

また寒い冬の道を頑張って歩いた肉球は、たとえお靴を履いていたとしてもかなりのダメージを受け、乾燥しやすくなっています。

お散歩から帰って足を拭いた後は、保湿剤でしっかりと肉球を保湿してあげましょう。

 

  • おわりに

いかがでしたか?

愛犬の健康のためには欠かすことのできないお散歩。

基本的に毛皮のお洋服をきたワンちゃんにとって、冬は夏よりも得意な季節ではありますが、やはり飼い主さんのケアは必要不可欠です。

冬のお散歩はひと手間かけて、安全にお楽しみくださいね。

訪問ペット火葬・ペット葬儀のペットセレモニーおおくら

訪問ペット火葬・ペット葬儀のペットセレモニーおおくら

ペット火葬・お引取り・供養など、「ペットセレモニーおおくら」が大切なご家族の旅立ちを心を込めてお手伝いいたします。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      © 2016 訪問ペット火葬・ペット葬儀のペットセレモニーおおくら