ブログ


ペットが亡くなってしまったら「私たちにできること」とは?

ペットが亡くなってしまったら「私たちにできること」

ペットが亡くなってから、葬儀会社に連絡しその時が来るまでの間、私たち家族にできることはなんでしょうか。ここでは、ペットが亡くなってから私たちにできること、自宅での安置方法について紹介いたします

 

身体を冷やす

亡くなったペットの身体はとても弱くもろく、いたみやすい状態にあります。そのままの状態で安置してしまうと腐敗がみるみるうちに進んでしまいます。

少しでも綺麗な状態でお別れするためにペットの身体を冷やし、腐敗のスピードを送らせてあげる事が必要になります。

 

・家の中で涼しい場所を探し、安置場所とする。

・保冷剤やドライアイスなどを使用し、身体を冷やしてあげる。

内臓がある場所は特に腐敗が進みやすいため、お腹や頭などに保冷剤を置いてあげると良いです。

 

・タオルなどで身体を覆ってあげる。

外気にも弱いため、外気に触れないようにしてあげましょう。

 

身体を整えてあげる

身体の大きなペットなどは特に必要になることです。亡くなってすぐに死後硬直し、身体は硬くなりますが、それ以前または、死後硬直からしばらく経ち、身体が緩んできてから優しく身体を丸めてあげましょう。

口が開いていたら閉じてあげます。足は曲げてあげ、丸くなって寝ているような姿にしてあげましょう。

そうする事で火葬の際や、棺に入れる際に収まりやすくなります。

ちなみに、目については個体差があり、開いたままで閉じない子がほとんどといわれています。

無理に力を入れたり、曲げようとすると身体を痛める原因になります。無理のない範囲で優しく丁寧に身体を整えてあげましょう。

 

身体を綺麗にしてあげる

最後のお別れに備え、身体を綺麗にしてあげます。身体の表面に水分が残っていると腐敗の進む原因になる場合があるため、タオルなどで優しく拭いてあげましょう。

口周りや目やになども綺麗にしてあげるとペットも嬉しく思うのではないでしょうか。

同じように毛並みもブラシなどで整えてあげると良いでしょう。

ペットとの思い出を振り返りながらお気に入りのタオルなどを使って、優しく丁寧に身体を整えてあげましょう。

 

ペットが亡くなって喪失感や強い悲しみを感じてしまうかも知れません。

そんな気持ちの中でも、ペットの身体との残り少ない時間を大切に、私たちにできることをしてあげましょう。

 

感謝を込めて最後までたくさんの愛情をペットに捧げてあげてください。それが、私たち家族にできる一番大きな事です。

ペット火葬

ペット火葬

ペット火葬・お引取り・供養など、「ペットセレモニーおおくら」が大切なご家族の旅立ちを心を込めてお手伝いいたします。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2016 OFFICE OHKURA. All rights Reserved.