ブログ


猫の9つの感覚とは?~触覚編~

猫の触覚前回に引き続き、今日は猫が持つ9つの感覚における触覚についてお話していきたいと思います

 

触覚

触覚は猫とすぐに結びつく感覚であり、知性がその足にあるとさえ言えます。足は狩猟道具であり、喜びの表現をするものです。そして遊びは、解剖学による彼の脳の秘密です。

 

足は身体へのサポートとして機能し、その動きにもよりますが、それが置かれている地面によってわずかに硬化します。熱の流れ、生命の振動が存在の深みから湧き出ているように見えるように、それには親密な磁気感覚があります。

 

足は振動をキャプチャするためにも使用されますが、触ると猫が目を閉じるため、おそらくそれらは目の追加的な保護としても機能しています。髭からは信じられないほど速い反射が始まり、まぶたの閉鎖を引き起こして、角膜を損傷から保護します。猫があなたに顔を近づけるとき、それはあなたを嗅ぐためではなく、その髭であなたを突っついています。この太い髪は、髭だけでなく、目の周りや足にも見られます。そのおかげで、猫は周囲の建物などを感知したり、平衡感覚を保ったり、わずかな空気の動きまでも察知することができます。髭は体から離れた触覚器官として機能します。つまり、それが物体と接触して、猫がその存在を知覚してはなりません。このように、猫は非常に敏感な髭を持っているので、暗い迷路の中でも安全に歩くことができます。したがって、それらを短く切ることは、猫がハンディキャップを被るので、絶対にやめましょう。

 

また、毛皮は触覚情報を猫に送信します。猫は撫でられるのが大好きで、それに終わりはなく、ときどき迷惑に感じる方もいるのではないでしょうか。多くの猫は、彼らが母親から乳をとるときのように前足を交互に押すことで、幼児の行動をとることがあります。この「しぼり」は奇妙に思えるかもしれませんが、猫にとっては、赤ちゃんのとき母猫の乳首を探し出すために足で押し出すという、幼い頃のジェスチャーの記憶を表しています。猫は、母親のお腹のように柔らかくて弾力性のあるすべてのオブジェクトに対して、この絶対的な幸せのジェスチャーを繰り返します。ときどき飼い主の脇の下や首のくぼみに鼻をこっそりと忍び込ませることもあります。

 

母猫が子猫を舐めるので、これも思い出します。それは猫が別の生き物から受け取る最初の感覚的な経験です。愛着は基本的には接触から生じます。猫は撫でられると、その神経系は顕著な反応を示します。心拍が遅くなり、筋肉の緊張が緩和し、体がリラックスします。子猫にとってこの刺激が生き残るために必要なものであるなら、成猫にとってそれは、純粋な喜びです。それはまた、前向きな社会的関係を強化するのにも役立ちます。

ペット火葬・葬儀

ペット火葬・葬儀

ペット火葬・お引取り・供養など、「ペットセレモニーおおくら」が大切なご家族の旅立ちを心を込めてお手伝いいたします。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2016 OFFICE OHKURA. All rights Reserved.