三重県のペット火葬・葬儀 | ペットセレモニーおおくら

電話(7~19時)・メール(24時間)でお問合せ下さい
090-5465-8694 【受付】24時間受付中【定休】365日対応中

ブログ


猫の9つの感覚 ~視覚編~

猫の視覚今日は猫が持つ猫の9つの感覚についてお話していきたいと思います。

 

猫は確かに9つの感覚を持っています。それは、嗅覚、味覚、触覚、温度の知覚、バランスの知覚、視覚、聴覚、さらには方向感覚と時間感覚です。一人で狩りに行く猫は、その感覚に頼らなければならず、多くの刺激を記録することができなければなりません。食べ物を探知する匂い、危険を告げる動き、音などです。さらに、猫は外部から多くのさまざまな情報をすべて収集するために、有能なメモリとカタログシステムを必要とします。猫とコミュニケーションを取りたい人は、その感覚を介してコミュニケーションをとる必要があります。一緒に見ていきましょう。

 

1.視覚

 

猫の目が容易に光に反応することに驚かされるのは誰にも経験があります。夜、薄暗い光の中、彼らは非常によく見ることができます。真っ暗闇では何も見えませんが、薄明かりの下では非常に鋭い視力を持っています。

猫が時々見せる神秘的な視線は、光線が入射角に基づいて網膜上で引き起こす反射の変化、または硝子体液が突然変化する可能性があるという事実に由来します。これらの明るさの変化が猫の視線の秘密を作り出します。エジプト人が猫を神聖なものとして崇拝した理由の1つは、彼らの目が暗闇で輝いたことでした。太陽の神ラーは猫の衣装で闇の邪悪な力と戦ったと言われています。

猫の瞳孔は、さまざまな光の強度に非常に速く反応します。暗闇の中で、彼らは可能な限り多くの光を捕らえるために拡張します。そして、完全な太陽の下では、薄い亀裂のように収縮します。目はすべてを表現していると言われ、中世では魂の鏡と呼ばれていました。猫の感情に関しては本当です。瞳孔の形から、猫が怒っているか怖がっているのかが分かります。実際、猫が何かに焦点を合わせると、瞳孔の外観が変化します。これは適応と呼ばれ、距離を正確に評価するために使用されます。この機能が、獲物を捕まえるの跳躍の長さを正確に計算できるようにします。

 

猫の目の網膜構造は、獲物を見つけなければならないときに動きを認識することに特化しています。その「動作認識システム」は非常に洗練されています。そのおかげで、猫は狩りをするときに葉の一つ一つなど、すべてのものを見つめる必要はありません。猫の目は静的な詳細を記録せず、動いているものを認識するだけなので、全体を調べるには一目で十分です。他のすべての情報は無関係であり、省略されます。

 

猫の目は人間の目よりもはるかに敏感ですが、視力は10分の1になります。よく言われるように、猫には色覚がなく、少なくとも2色です。それがいくつかの色を認識できたとしても、いずれにせよ、それが有用な情報として認識されません。それは狩猟しているとき、他の刺激、例えば動きや音に依存しているためです。

関連ページ

関連ページ

ペット火葬・お引取り・供養など、「ペットセレモニーおおくら」が大切なご家族の旅立ちを心を込めてお手伝いいたします。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2016 OFFICE OHKURA. All rights Reserved.