三重県のペット火葬・葬儀 | ペットセレモニーおおくら

お気軽にお電話・メールでお問合せ下さい。
090-5465-8694 【受付】24時間受付中【定休】365日営業中

ブログ


ペットの葬儀文化について

ペットの葬儀文化について「出会いの数だけ別れもある」という名言があります。これは、人間よりも短い寿命で離れなければならないペットに特に関係があるかもしれません。今日は、日本のペットの葬儀文化についてお話します。

 

日本では、ペットが死ぬとき、死体に対処する方法が3つあります。家庭廃棄物または獣医病院からの医療廃棄物として処理されるか、民間の葬儀会社から葬儀を委託することです。

 

しかし、家族を廃棄物として扱うことには誰もが消極的です。したがって、もしあなたが自分が所有する土地を持っているなら、そこに埋葬することができます。ただし、公園や山などの公共の場所に埋葬することはできません。あなたが私有地を持っていないのであれば、あなたは地方自治体に頼むことができます。私が住んでいる地域では、環境ビジネスセンターで火葬申請を受け付けております。ただし、この方法は他の動物も一緒に火葬されているため、遺灰を個別に受け取ることはできません。

 

そのため、ほとんどの方は、民間の葬儀会社や寺院でペットのための葬儀を要求します。日本にはペット墓地があります。その墓地は、ペットの葬式をしたいというお客様の要望が高まり、設立されたそうです。

 

その墓地には、「ペット用の葬儀場」も用意されている場合があり、葬儀を個別に行うことができます。葬式の幅広い選択肢と悲しみの心を慰めるためのきめ細やかな配慮が示された墓地です。将来ペットが埋葬できる家族墓地、ペット専用墓地、共同墓地、樹木園など、さまざまな種類の墓地があり、お客様の要望に合わせて追悼できるようになっています。

 

家族のペットが祀られている墓にペットの名前が刻まれていました。写真には、名前、年齢、ショートメッセージが書かれており、水、スナック、花が供えられているため、誰もが愛されていることがわかります。健康であるときに事前に墓を用意しておけば長生きできるという神話により、事前に用意されている方もいるそうです。

 

前述のように、日本では動物の死骸は廃棄物として扱われているため、ゴミとして焼却しても法的な問題はありません。しかし、政府はまた、ペットに対する人々の感情に配慮すべきであるという世論に沿って、動物の死骸を廃棄物として扱う態度を変えようとしています。

 

悲しみでいっぱいだと思っていた墓地は、私たちの偏見に反して、愛と感謝に満ちています。感染症などの問題があるため、埋め立てるよりも廃棄物として焼却または焼却するのが最も適切な場合があります。しかし、家族のペットを他のゴミのように捨てようと思っても、それは心情的に厳しすぎることです。

 

みなさんも日本社会でのペットの葬儀文化を深く考えてみませんか?

関連ページ

関連ページ

ペット火葬・お引取り・供養など、「ペットセレモニーおおくら」が大切なご家族の旅立ちを心を込めてお手伝いいたします。

ご依頼の流れ/料金はこちら

前の記事へ

«
プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2016 OFFICE OHKURA. All rights Reserved.