三重県のペット火葬・葬儀 | ペットセレモニーおおくら

お気軽にお電話・メールでお問合せ下さい。
090-5465-8694 【受付】24時間受付中【定休】365日営業中

ブログ


ペットの喪失

犬ペットとの絆は、愛情にあふれた特別なものです。私たちはペットに家を与え、彼らを幸せで健康に保つよう努めています。その見返りに、彼らは私たちに無条件の愛、友情、そして幸せな時間を与えてくれます。ペットの死は、この特別な見返りを失う悲しく必然的な結論です。しかし、ペットの喪失に直面したとき、あなたは一人ではないことを忘れないでください。

 

ペットは私たちの生活に大きな喜びをもたらします。しかし、その喜びはほろ苦いです。愛するペットが生活の中からいなくなってしまうのはとても苦痛です。犬や猫の寿命は人間の寿命よりもはるかに短いため、ペットに別れを告げなければならない日が必ず来ますが、それは難しいことです。

 

ペットの寿命が近いことがわかったら、あなたは前もって計画することができます。あなたの猫や犬がもはや食事をしなくなって、愛撫される喜びがなくなったとき、それは、もうすぐ天国へ旅立つという知らせです。

 

自由な時間をとり、できるだけペットと一緒に過ごしましょう。あなたのペットが愛するあなたと安心感のある環境下で最後の瞬間を過ごすことができるように努めてください。あなたが与えることができる最後の贈り物はあなたの愛情とサポートです。

 

ペットが死ぬとき、あなたが感じる悲しみは本物です。悲しんでいることを受け入れ、悲しむ時間を自分に与えてください。ペットの死を経験したすべての人は、あなたの気持ちを知っています。あなたの気持ちを検証してくれる他のペットの飼い主を探してください。

 

祖母や叔父が通り過ぎたときよりも、ペットを失うことについて悲しく感じる方もいるかもしれません。これも正常です。あなたのペットは、あなたの日常生活の一部でした。そして、あなたがそれほど頻繁に会わなかった愛する人の喪失より、あなたの毛皮のようなペットの欠如をより密接に感じるでしょう。あなたの悲しみを悪化させるため、罪悪感を忍び込ませないでください。

 

愛するペットを失った人を知っている場合は、遠慮なくあなたの思いやりを示してください。彼らにペットの話や思い出を共有させてください。それがあなたの愛するペットの供養にも繋がります。悲しみを検証することで、とても気分が楽になります。悲しいことは大丈夫であることを伝えます。

 

「時間が解決してくれる。」「悲しまないで」

悲しいことは普通です。友人の感情が無意味であることを示唆することによって、友人の気分を悪くしないでください。人は、ポジティブな態度を示すことで助けようとしますが、このような喪失による日常生活の変化は、トラウマになり得ることを忘れてはいけません。ペットをなくすことは誰にとっても辛いことです。

関連ページ

関連ページ

ペット火葬・お引取り・供養など、「ペットセレモニーおおくら」が大切なご家族の旅立ちを心を込めてお手伝いいたします。

ご依頼の流れ/料金はこちら
プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2016 OFFICE OHKURA. All rights Reserved.