三重県のペット火葬・葬儀 | ペットセレモニーおおくら

お気軽にお電話・メールでお問合せ下さい。
090-5465-8694 【受付】24時間受付中【定休】365日営業中

ブログ


ペットは天国に行けるのか?

犬ペットを飼っている方の多くが、人間のように死んだペットを葬儀に供したいと思っています。仏教の世界では、この願望は今日議論されています。この点について日本の慣習を振り返っていきます。

 

仏教の主要な流れの1つを分割する論争

 

ペットは天国に行くことができるのか。この問題は現在、日本の仏教界の一部で激しい論争を引き起こしています。浄土真宗では、「念仏」を唱えるだけで十分です。しかし、動物は暗唱できず、楽園から連れ去られるのでしょうか?仏教では、動物は「6つの運命」の1つ、「家畜化された生物の世界」を意味するものに属しています。それは人間より2つのレベル下にある苦しみの宇宙です。したがって、猫や犬が楽園に行くには、最初に人間の世界に転生するために善行を蓄積する必要があります。

 

しかし、これには反論があります。それによれば、ペットの主人が魂の安息を祈ると、ペットが同じように楽園に行けるというものです。そうでないと、話す前に早く死んだ赤ちゃんや、言葉が話せない障碍者など、念仏を唱えられなかった人間は天国にたどり着けません。

仏教は約1500年前に日本にやってきました。かつて仏教の世界では、死後ペットに何が起こるかについて論争はありませんでした。近年このような議題が古代の教義の基礎を揺るがしたのはなぜでしょうか。

 

第一に、ペットに対する社会の見方が大きく進化しています。実際、今日、人間とペットはさらに強く共存しています。 30年ほど前までは、犬は一般的に外の犬小屋に住んでいましたし、猫は家に出入りしました。しかし、今ではペットを室内に飼うのが普通です。小型犬も以前より増えています。ペット協会による調査によると、2004年に犬の60.1%がアパートで飼育されましたが、この割合は2017年には84.4%に上昇しました。猫は2004年が72%、2017年には86%です。ペットは「家族の一員」に昇進しており、死後の世界でも安らかに過ごせるようにするために必要なことを何でもしたいという飼い主の心情に不思議なことは何もありません。今日の僧侶は、そんな主人からの要求に応えることがあり、主人は、ペットの遺灰を家族の墓に置きたいという希望を表明します。しかし、仏教の教義に反するとのことで、それに応えることができないと説明する僧侶もいます。さらに、ペットを人間と一緒に埋めることは、近くの墓の所有者を不快にさせるかもしれません。この意見の相違によって、一部の僧侶は所属していた寺院を去ったとさえ言われています。

関連ページ

関連ページ

ペット火葬・お引取り・供養など、「ペットセレモニーおおくら」が大切なご家族の旅立ちを心を込めてお手伝いいたします。

ご依頼の流れ/料金はこちら
プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2016 OFFICE OHKURA. All rights Reserved.