ブログ


ペットのお墓・みんなはどうしてる?

  • はじめに

愛するペットとのお別れ。

ペットが生きた証を手元に残しておきたいと、遺骨が手元に残る方法でのお見送りを希望される方が増えています。

 

少し気持ちが落ち着いたときに考えたいのが、遺骨の保管方法です。

本日はペットの遺骨の保管方法についてご紹介させていただきます。

 

  • 人間と同じお墓には入れることは極めて稀

人間のお墓にペットのお骨を埋葬することは、法律上の問題はありません。

しかしながら仏教において家畜やペットは卑しい存在と考えられており、墓地や霊園の管理規約上、人間と同じお墓にペットを埋葬することは不可と定めている場所がほとんどです。

 

どうしてもペットと同じお墓に入りたい場合は、民営の霊園を中心にペットとの共葬が可能な場所を探しましょう。

 

  • 遺骨の場合は、埋骨も可能

ペットのご遺体をそのまま土葬することは今の日本の法律上は非常に難しいですが、遺骨を埋骨(地面に埋める供養)は法律上可能です。

 

埋骨は、売却する予定のない敷地内などに粉骨した状態で埋葬することで、お骨が時間をかけて土に還っていく埋葬方法ですが、自宅を売却する際や間違った埋骨によってトラブルにつながる場合もあります。

埋骨を検討する際はご家族の状況や今後のライフプランなどをよく吟味した上でご判断ください。

 

  • 多数派は「自宅の祭壇で供養」

多くのお客様が選ばれるのは、自宅での手元供養です。

ペットのご遺骨は、いつまでも自宅に保管しておくことに問題はありません。

何年でもそばに置いておくことが可能ですので、ご遺骨を手放すことに焦らなくても大丈夫です。

 

ただし長年自宅にて保管していると、稀にご遺骨や骨袋にカビが発生する場合があります。

「水回りや湿気の多い場所に保管しない」「素手でご遺骨に触らない」「木炭や吸湿剤などを入れて保管する」といった点にご注意ください。

 

  • 遺骨の管理が難しくなってきたら、ペット霊園や納骨堂へ

飼い主様の高齢化や、引っ越し先の住環境などの都合によって、手元供養が難しくなってきた場合にペット霊園や納骨堂のご契約を検討される方も増えてきています。

また一部の遺骨をメモリアルアートとして手元に残された上で、納骨される方も多くいらっしゃいます。

 

納骨や埋葬のプランは霊園や納骨によって様々です。

ご自宅から通い場所で、ご予算内に収まる場所をゆっくりとご検討いただけるかとよいと思います。

私個人的にはオススメは致しません。

 

  • おわりに

いかがでしたか?

ペットの供養に関しては明確な決まりがなく、迷われてしまう飼い主様も多いですが、焦らずゆっくりとご検討いただければと思います。

 

弊社では火葬に関するご相談や、ペット霊園などのご案内も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

ペット火葬

ペット火葬

ペット火葬・お引取り・供養など、「ペットセレモニーおおくら」が大切なご家族の旅立ちを心を込めてお手伝いいたします。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      © 2016 三重県でペット火葬ならペットセレモニーおおくら