ブログ


ハムスターのアレルギーとは?

ペット火葬

ハムスターの体毛・頭垢等は、それだけでアレルギー物質になる事が多々あり、またダニ等を急増させる自由にもなるのです。

 

しかし、他方では、米国立アレルギー感染症研究所に於いて、生まれてから1歳までに室内に於いて2匹以上の愛犬・愛猫などを飼っていた乳児は世話をしていなかった乳児に比べて6~7歳に成長したときの抗原物質発生率がさらに低めだったという通告を行なっています。

 

愛玩動物によって媒介された細菌が絶する時に放射するエンドトキシンと考えらえる毒の成分が抗原物質に関する抗原提示細胞の繁殖を抑えたためと考えられます。

 

単体のペットではその強さが確認出来なかったとしています。

 

 

この判例は、赤ちゃんの過度な衛生状況もまた、アレルゲンの事由となる可能性を示唆しています。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      © 2016 三重でペット火葬ならペットセレモニーおおくら