ブログ


各ペットの寿命は?ペットが長生きする秘訣とは?

各ペットの寿命は?ペットが長生きする秘訣!この記事では各ペットの寿命とペットが長生きする秘訣を紹介しています。

 

各ペットの寿命

犬、猫

犬と猫だと、種類とかにもよるとは思いますが大体十数年はいきます。犬と猫の平均寿命は、犬が14歳、猫が15歳です。サイズが小さいほど平均寿命が長く犬種によっても異なります。

 

猫の場合は外に出るか出ないかで、かなりの開きが生まれました。外に出る猫は平均14歳、外に出ない猫は平均16歳という調査結果が出ています。

 

ただあくまで平均であるため、個体によっては二十年を超える子もいるかもしれません。

 

金魚やメダカなどの魚類

魚類の中で人気の金魚の寿命は6〜10年程度。
※ちなみにギネス記録に認定されてる最高年齢は43歳だそうです。

 

メダカは3〜5年。野生下では1〜2年だそうです。

魚類は体が大きいほど長生きする傾向があります。

 

ハムスター

寿命はハムスターの種類によって異なります。

ですが、平均すると2〜3年と言われています。

 

ハムスターは自然界では捕食される側の生物なためとても弱い立場にある生き物です。

 

そのため安全な飼育環境にいるハムスターのほうが野生のハムスターよりも長生きする傾向にあります。

 

カメ

長生きという視点から考えると寿命が長いペットはカメかもしれません。

 

カメの平均的な寿命は20〜50年です。しかし、250歳まで生きたカメも報告されており、カメは脊髄動物の中で最も長寿とされています。

 

ただし種類の差はあります。

大きいカメほど寿命は長くなる傾向にあるのです。

 

ペットが長生きする秘訣とは?

ペットが長生きする秘訣は、手間を惜しまず世話をこまめにしてあげることと、ストレスをかけないような環境づくりに気を付けてあげることです。

 

普段から愛情をかけてご飯を栄養のあるものにしたりブラッシングやスキンシップをとってあげることも大事だとは思います。

 

ですが何よりストレスを与えないことが一番大事です。

 

生き物はデリケートですのであまりストレスのかかる環境だと寿命を縮めてしまう恐れがあります。

 

伸び伸びとした環境作りをしましょう。

 

ケージとかで飼う生き物なら掃除を小まめにする、水の中で飼う生き物であればきれいな水に小まめに変えてあげる、散歩が必要ならよく連れだしてあげて運動をしっかりさせるなど、その生き物それぞれの生き方をしっかり尊重してあげることが大事です。

 

飼い主にある程度の知識がいると思いますし、飼い方を事前に勉強しておくことが大切になってきます。

 

ペットに健康で過ごし続けてもらうためにできること

ペットに健康でい続けてもらうには、動物病院に小まめに検診に行ったりして、日ごろから体調管理をしっかりすることだと思います。

 

食べるものも栄養価が偏らないように気を付けてあげなければいけませんし、

 

ストレスがかからないように愛情をたくさんかけて可愛がってあげるのも大切です。

 

運動をさせたり、不衛生にならないように気を付けたり、当たり前のことをずっとして気を付けてあげること。

 

そのような積み重ねにペットの命はかかっていると思います。

関連ページ

関連ページ

ペット火葬・お引取り・供養など、「ペットセレモニーおおくら」が大切なご家族の旅立ちを心を込めてお手伝いいたします。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2016 OFFICE OHKURA. All rights Reserved.