ブログ


ペット供養のおすすめの方法とは?注意点も解説!

ペット供養のおすすめの方法とは?注意点も解説!本記事では、ペット供養のおすすめの方法とペット供養における注意点を解説します

ペット供養で悩まれてる方はぜひご覧ください。

 

ペット供養のおすすめの方法

お寺や霊園で供養してもらうのが一般的で、おすすめの方法です。

一匹一匹それぞれのお墓、納骨堂に埋葬する場合、自分の区画内であれば自由にお花などのお供え物や思い出の写真、お気に入りだったおもちゃなどをお供えすることができます。

しっかり管理も行き届いていて、お掃除やお水入れの交換などを毎日行ってくれるところもあります。

また、定期的にお坊さんが法要をあげてくれるところもあります。

毎日忙しく過ごしていると、ペットに会いに行くことがなかなかできない時期もあると思います。

そんなとき、お寺や霊園がしっかりお掃除や管理、供養をしてくれていると飼い主もペットもとっても安心です。

また、もし気にならないようであればペットの合同埋葬というものもあります。

他のペットと一緒に埋葬して、そのあとは半永久的に供養していただけます。

もし自分にもしものことがあっても、半永久的にお寺が供養をしてくれるのは大きなメリットです。

またペット自身もたくさんのお友達と一緒に眠ることができるのでさみしくないのではないかなと思います。

いつも飼い主さんやその家族、お友達と一緒に遊んでいたのに、急にひとりになってペットもさみしく感じたりしてないかなと心配になると思いますが、合同埋葬ならその心配はいらないです。

こちらも定期的にお坊さんが法要をあげてくださりますし、飼い主さんご自身もいつでもペットに会いに行くことができます。

飼い主さんもペットもさみしさを感じなくておすすめの供養法です。

 

ペット供養の注意点

大切な家族であるペットがなくなると、気が動転してしまったり、悲しくて色んなことが手につかなくなってしまったりすると思います。

注意点として、確かにご遺体の処置だったり火葬場の手配だったり色々なことがあると思いますが、何よりいちばん大切にしてほしいことはペットとしっかりお別れをすることです。

やらなければならないことがたくさんありますが、できるだけペットのそばで過ごしてあげてください。

たくさん話しかけてあげてください。

思い出話や今までの感謝の気持ちや大好きだよの気持ちをたくさん伝えてあげてください。

旅立ちのためにペットの大好きだったおやつやおもちゃを準備してあげてください。

飼い主さんが後悔のないペットとの最後のひとときを過ごすことを忘れないように。

 

それがペット供養の最大の注意点です。

ペット火葬

ペット火葬

ペット火葬・お引取り・供養など、「ペットセレモニーおおくら」が大切なご家族の旅立ちを心を込めてお手伝いいたします。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2016 OFFICE OHKURA. All rights Reserved.