ブログ


ペットを飼うならぜひ知っておきたい!ペット用の保険とは?

ペットを飼うならぜひ知っておきたい!ペット用の保険について「ペットは可愛いけど、やっぱりお金がかかってしまう」とお悩みではないでしょうか?実はペット用の保険があるんです。「ペット用の保険」というとあまり馴染みがない方も多いと思いますが、実は人間と同じように保険に入ることができるんです

最近様々な起業がペット医療費用保険のサービスを展開するようになってきました。ではペット医療保険用サービスとは具体的にはどういったものでしょうか?

詳しく見ていこうと思います。

 

ペット用の保険について

ペット用の保険なのですが、様々な会社が独自性を出すためにサービスを展開しています。

そのため今飼っているペットがどの保険にしたほうがいいのかをよく確認する必要があります。

例えばアニコム損害保険から展開されている保険は手頃な保険料で手術費用などを抑えることができ、多頭飼いにも対応しているので、多頭飼いの飼い主様におすすめです。

さらに爬虫類やうさぎといった犬や猫と比べマイナーなペットも対応しています。加入条件はホームページからご確認ください。

2020年度オリコン調査会社が調査したペット用の保険で1位だったPS保険では5年先、10年先の将来も見据え、保険料が急激に上昇することがないことを売りにしています。

また手術や通院にも対応していますので通院補償がセットになってもそれほど保険料が高くならなりません。

ペット用の保険は飼っているペットが高齢になったときに、保険料が急激に高くなってしまうことが多いのです。

しかしPS保険はそういったことがないので、選ばれているのが大きな特徴です。

 

ペット用の保険のデメリット

ペット用保険のデメリットの1つにペット用の保険のデメリットはペットの対象が「犬」、「猫」に限定されているものが多いということです。

それ以外のペットが加入対象ではない保険が多いです。

そのため「犬」、「猫」以外のペットを飼っている飼い主様は加入対象担っている保険をよく確認する必要があります。

2つ目は病気によっては保険対象外とされてしまうものもあるということです。例えばガンで手術・通院を行ったときに保険が降りないという言う保険会社もあります。

「病気になったのに、保険が降りなかった」ということがないように、資料請求と口コミを確認することをおすすめします。

その2つを確認した後、飼っているペットにあっているかを飼い主様が確認した後、加入するかどうかの判断をしましょう。

ペット火葬

ペット火葬

ペット火葬・お引取り・供養など、「ペットセレモニーおおくら」が大切なご家族の旅立ちを心を込めてお手伝いいたします。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2016 OFFICE OHKURA. All rights Reserved.