ブログ


アメリカンワイヤーヘアとは?

アメリカンワイヤーヘア今日も猫の品種を一つずつ詳しく紹介していきます。

 

動物の世界では頻繁に、いわゆる「自然な突然変異種」が出現します。これは、完全に正常な親猫の同腹児から予期せず出現します。そのような自然な突然変異を引き起こす理由は不明ですが、注意深いブリーダーの関心とケアのおかげで、そこから新しい品種を生み出しています。それが、まさに「アメリカのワイヤーヘア」である、アメリカンワイヤーヘアです。その主な特徴は、非常に厚く、波打っていて、手触りのある剛毛の毛並みにあります。

 

アメリカンワイヤーヘア

 

起源

すべてのアメリカのワイヤーヘアの始祖は「アダム」と呼ばれ、このとても特徴的な毛の痕跡を見せた最初の猫でした。彼は、1966年にニューヨーク州の農場で生まれ、4匹の同腹児で唯一、まばらで毛むくじゃらの毛並みをしていました。ブリーダーはその特殊性を認識し、忍耐強い交雑と選抜の作業を通じて、1978年にはCFA世界大会に出場できる新しい品種を生み出しました。実は、この突然変異種は第二次世界大戦中にイギリスで既に出現しており、ロンドン中心部の瓦礫の中から猫愛好家によって発見されました。残念なことに、そのときブリーダーは変異と適切に向き合うことをしませんでした。

 

キャラクター

アメリカンワイヤーヘアは、活発で、運動能力があり、機敏な猫です。独立性がある一面、彼は非常に嫉妬深く、飼い主を独占しようとする傾向があります。実際、彼は他のペットを「鉄の足」で扱っていると言われています。彼と一緒に暮らすことは、猫に変装したワイアーフォックステリア犬と暮らすようなものです。

 

形態

中型の猫で、頭は丸く、体に比例しています。顎は適度に発達しています。頬骨は高く、鼻はわずかに凹んだ曲線をしています。耳の大きさは中程度で、上部がわずかに丸く、幅が広く、外側にあまり傾斜していませんが垂直でもありません。目は明るく、大きく、少し傾きのある丸型で、かなり離れています。その色は鮮やかで、毛の色からギャップを感じさせます。全体的に中型サイズで、背中が真っ直ぐな長方形でバランスがよくコンパクトな外観です。胸は丸く、肩はお尻と同じくらい広いです。筋肉は細いですが、強く、骨は中程度です。脚は中程度の長さで丈夫な骨があり、これも体に比例しています。足はとても小さいです。尾は中程度の長さであり、丸い先端に向かって先細になります。髪はショートからセミロングとさまざまですが、毛は非常に密です。

ペット火葬

ペット火葬

ペット火葬・お引取り・供養など、「ペットセレモニーおおくら」が大切なご家族の旅立ちを心を込めてお手伝いいたします。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2016 OFFICE OHKURA. All rights Reserved.