ブログ


猫に与えてはいけない10の食べ物

猫の餌ペットを飼っている飼い主は、彼にとって体に良い食べ物と健康に良くないため避けるべき食べ物の両方を知っていることが重要です。ペットが自分に適さない食べ物を食べると、消化不良、嘔吐、下痢をしたり、何らかの病気を発症したりすることがあります。あなたがどんな食べ物を与えることができ、何を避けるべきかを知るために、あなたのペットに禁止されている食べ物を知ることは重要です。

今日は猫に与えてはいけない10の食べ物についてお話します

塩分の多い食品

塩は猫にとってよくありません。過剰に摂取すると猫の肝臓に塩が蓄積して、その毒素を除去して症状を和らげる必要があるときに問題が発生する可能性があるためです。また、過剰な塩分は高血圧を引き起こす可能性があります。このため、ソーセージや味付け海苔などの塩分の多い食品は、猫には推奨されません。

 

牛乳と乳製品

授乳期間後、猫は「乳糖不耐症」になるため牛乳を摂取する必要がなくなります。猫に牛乳を与えると、嘔吐、下痢などの消化器系の問題に苦しむ可能性があります。

 

レモンと酢

レモンと酢の酸は、彼の体を傷つけ、胃の痛み、嘔吐、不快感を引き起こす可能性があります。

 

タマネギ、ネギ、ニンニク

これらの食品は、赤血球を破壊し、貧血を引き起こす可能性があるため、猫(および犬)にとって非常に毒性があります。これが、猫に人間の食事の残りを決して与えてはならない理由です。

 

チョコレート

カカオなどに含まれるテオブロミンは消化できないため、犬や猫にとって絶対に禁止されている食物の1つです。チョコレートは猫の心拍数を上げ、嘔吐、下痢、体の不調、さらには死を引き起こす可能性があります。

 

アボカド

これは脂肪が豊富な食べ物であるため、胃の問題を抱える可能性があり、悪化した場合は膵炎に苦しむこともあるため、猫には与えないでください。一般に、脂肪の多い食品(スイーツ、フライフード、ソースなど)は、適切に消化できず、深刻な腸の問題を引き起こします。

 

フルーツ

上記でも述べたように、これらは猫などの動物の胃が適切に消化できない脂肪成分が含まれており、消化の問題、腎不全、下痢を引き起こす可能性があります。

 

生の魚

ビタミンB欠乏症を引き起こす酵素が含まれているので、生の魚を含む料理は絶対に与えないでください。このビタミンBの欠如は、発作などの深刻な問題を引き起こしたり、昏睡状態に陥らせることさえあります。さらに、生の魚には食中毒を引き起こす細菌が含まれている可能性があります。

 

お菓子

猫に脂肪分が多い食品を与えてはならないことはすでに話してきましたが、お菓子もこのカテゴリーの一部です。猫がこれらの食物を食べてはならないもう一つの理由は、肝不全を患うリスクです。

 

レーズンとドライフルーツ

これらは腎不全を引き起こす可能性があるため、猫にとって非常に危険です。少量でも有害です。

ペット火葬・葬儀

ペット火葬・葬儀

ペット火葬・お引取り・供養など、「ペットセレモニーおおくら」が大切なご家族の旅立ちを心を込めてお手伝いいたします。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2016 OFFICE OHKURA. All rights Reserved.