ブログ


ウサギを飼うには注意が必要?

ウサギの飼い方ウサギは、諸外国の間でも人気があるペットです。柔らかな毛皮、長い耳、優しい目で見た目が可愛らしいので、これは当然のことです。さらに、それらは手入れが簡単で、維持費が安いと考えられています。しかし、ウサギは本当に完璧なペットなのでしょうか。適切なケアと適切な条件をどのように提供すればよいのか…

 

今日はウサギをペットとして迎え入れる前に何を考慮すべきかを話していきます

 

メンテナンス

日本ではさまざまなペットが飼われていますが、ウサギにも多くのニーズがあります。「好きなペットの世界ランキング」では、このフワフワした耳の長い動物は、猫や犬のすぐ後に3位にランクされています。それらは大きすぎず、信頼でき、維持するのに安価で、飼い主に多くの負担がかかるようには見えません。しかし、その考えは実際には現実に対応しているわけではありません。このような誤った仮定の結果、ペットのメンテナンスが不十分になります。たとえば、小さすぎるケージに住ませる、他のウサギと接触させないなど、ウサギはこれらの問題についてかなりのストレスを感じます。

 

一度に2匹飼う

ウサギを飼う上で最も基本的な要件は、他のうさぎとのコミュニケーションです。一日に数時間ペットと一緒に遊んで世話をすることができる子供でさえ、他のウサギの代わりを果たすことはできません。したがって、ウサギを一人で飼うべきではありません。ウサギを購入する予定があるなら、できればオスとメスの2匹が好ましいです。メスは年に5回から10回まで子を産むことができるので、あなたに限界であるならばオスは去勢されなければなりません。去勢は、望まない繁殖の可能性を排除するだけでなく、より大きなグループでの競争とオス同士の領土と階層のための争いも防ぎます。

 

ウサギには動きが必要

見落とされがちですが、基本的な要件のもう1つは運動の必要性です。すべてのウサギには一定のスペースと囲いが必要です。単純なウサギのケージでは十分ではありません。彼らの自然の生息地では、ウサギは走り、ジャンプし、地面に穴を掘ります。もちろん、そのような自由な生活環境を提供するのは不可能ですが、飼い主は彼がこれらの衝動を少しでも満たすのを助けるように努めるべきです。工夫してみてください。

 

アパートのウサギ

庭はウサギにとって理想的な家ですが、これは都市やアパートに住んでいて庭のない人にとっては難しいことです。ウサギをアパートに飼うことは特定の条件下で可能ですが、ウサギが幸せで快適な生活を送るためには、これらの条件を守らなければなりません。常に狭いケージの中にとどまらなければならないウサギは熱意を失い生き続けるでしょう。ウサギが毎日数時間走れるようにする必要があります。ウサギがカーペットに支障をきたさないように、ケーブルを噛まないように、コンセントや室内植物の近くに入らないように、ウサギ用に別のスペースを用意し、注意深くコントロールして下さい。

ペット火葬

ペット火葬

ペット火葬・お引取り・供養など、「ペットセレモニーおおくら」が大切なご家族の旅立ちを心を込めてお手伝いいたします。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2016 OFFICE OHKURA. All rights Reserved.