三重県のペット火葬・葬儀 | ペットセレモニーおおくら

お気軽にお電話・メールでお問合せ下さい。
090-5465-8694 【受付】24時間受付中【定休】365日営業中

ブログ


ペット火葬は最も現代的な古代の儀式です!

ペット火葬は最も現代的な古代の儀式今回は火葬の歴史について簡単にお話していきたいと思います。

 

火葬は人類の歴史の中で最も古く、最も普及している葬儀の一つです。この慣習の最初の証拠は、新石器時代にさかのぼり、とりわけ遊牧に関連する人々の間で存在していたものです。火葬は、戦死した戦士や、出産で死亡した女性のために行われ、それを輝かしい人々のために確保された精神の浄化と解放の行為と見なしました。

 

アフリカ、南アメリカ、オセアニアではほとんど知られていませんでしたが、代わりに北太平洋と北アメリカの海岸の人々の間で幅広い用途を見いだしました。そして、地中海文明にも広く適用されました。なお、ローマでは、この儀式は高貴な階級、つまり金持ちの間では、豪華な葬式とバルサムをまぶした貴重な森の薪を使用して行われていました。謙虚さと平等の感覚に満ちた最初のキリスト教共同体が、このような典型的な華やかな儀式よりも、単純な埋葬を好んだのもこの理由のためでした。

 

一方、同じユダヤ教徒の文化では、聖ヒエロニムスの著書にもあるように、火葬は王や英雄(サウル、デビッド、ソロモンなど)のために特別な名誉を与えるものだと見なされていましたが、クリスチャンの方は、紀元4世紀まで、自身が住んでいた国の習慣に従って埋葬または火葬を行っていました。

 

キリスト教が正式に樹立されてから数世紀後、死体の火葬は異教の慣行と見なされて廃止されました。そして、火葬は地中海地域全体からほとんど姿を消しました。一部の知識人が教会の教義への反応として火葬を再び奨励しようとするのは、啓蒙主義と反聖職運動の誕生を伴うフランス革命後です。そして、19世紀後半、産業革命と都市化のプロセスの圧力のもとで、伝統的な墓地の不足により、火葬の習慣が復活しました。実証主義的なインスピレーションを持つ多くの文化科学者が火葬のアイデアを提案し、その生態学的および環境的有用性を強調しました。火葬の習慣は再びそれ自体を主張し始め、多くの支持者を持ち始めました。近代のヨーロッパにおいて最初の火葬が行われたのは、1876年のミラノになります。この慣行が徐々に認められたのは、主にいくつかの自発的な企業の活動によるものでもあります

 

今日、火葬は自由で合理的な選択として世界中のあらゆる場所で行われ、死者の尊厳を守り、身体の無慈悲な腐敗を防ぎ、現代社会の衛生的および環境的ニーズを保護しています。宗教的感情も考慮し、生命を尊重する合理的で生態学的な選択であり、生活から空間や資源を減じることなく、地球、空気、水を汚染することなく、毎日、ますます多くの人々がこの方法を選択しています。

関連ページ

関連ページ

ペット火葬・お引取り・供養など、「ペットセレモニーおおくら」が大切なご家族の旅立ちを心を込めてお手伝いいたします。

ご依頼の流れ/料金はこちら
プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2016 OFFICE OHKURA. All rights Reserved.