三重県のペット火葬・葬儀 | ペットセレモニーおおくら

お気軽にお電話・メールでお問合せ下さい。
090-5465-8694 【受付】24時間受付中【定休】365日営業中

ブログ


ペット火葬に対する偏見

ペット火葬に対する偏見今回は火葬に対する偏見についてお話していきたいと思います。

 

火葬という遺体の処理方法の合理性を主張することが、一部の国や地域においては、依然として多くの偏見によって困難であることは間違いありません。

宗教的な側面を省いて、私たちはそれに反駁するのが適切であり、彼らがこれまでにしている主張は、それらが役に立たないだけでなく、火葬を恐ろしい手順として説明し、「火葬はカルトによる死者への攻撃である」や、「死体が火の中で身をよじる」など、現実にまったく対応しないものを採用します。科学的な根拠はありません。そのような迷信などを理由にして受け入れず、火葬を推奨する合理的な意見に直面することがほとんどないためです。ですので、それはあまり深刻な問題ではありません。

 

誰もが、身体は容赦のない自然の法則により、埋葬または焼却など、選択が何であれ溶解する運命にあることをよく知っています。この認識により、火葬を選択することの動機としては、愛する人を失った人々による、体への防御と敬意の概念と、分解から救う意志が持たれています。したがって、火葬による儀式は、体の不可避な溶解が行われる方法を変更するだけであり、死者との今後の関係を築く可能性を与え、死者の残骸に恐怖を感じさせないものになります。実際、誰にとっても、恐怖を感じることなく、20年または50年後に葬儀の骨壷の隣に立つことができるのは明らかです。また、1年後には遺体が収められている棺を見たいという人たちにも同じことが言えるでしょう。墓地を都市から遠ざけるという傾向は、土葬が主流である国においてよく見られる現実の兆候です。反対に、火葬儀式の選択は、この傾向を逆転させることを可能にします。

 

火葬を死体に対して行われた一種の「暴力」として、自分や愛する人の体が火事に襲われているという考えに怯えている人々もいますが、それは偏見です。火は自然のプロセスのために空気、土、水などと同じ、ありふれた媒体です。火葬を選択することによって愛する人の溶かすことは、さまざまなワームや微生物の作用によって同じ結果を得ることよりも合理的であり、決して、暴力的で攻撃的であると考えることはできません。

関連ページ

関連ページ

ペット火葬・お引取り・供養など、「ペットセレモニーおおくら」が大切なご家族の旅立ちを心を込めてお手伝いいたします。

ご依頼の流れ/料金はこちら
プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2016 OFFICE OHKURA. All rights Reserved.