ブログ


犬と猫に与えてはいけない物とは?危険度低

柑橘類犬と猫が食べてはいけないものはほぼ共通しています。今回は、危険度が最も低い食べ物をご紹介します

 

☆危険度 低☆

・生卵 (生の白身部分)

加熱すれば問題なく、栄養的にも優れた食品となります。

 

・イカ、タコ、貝類、甲殻類(全て生の場合)

量を多く取らなければ大丈夫ですが、イカ・タコなどは消化に悪いため、良い食材とは言えません。加熱すると酵素は破壊されて安全になります。

 

・消化に良くないもの全般

消化不良、下痢を引き起こします。

 

・青身の魚 (サバ、アジ、イワシなど)

食べ過ぎると青身魚の不飽和脂肪酸により、体内の脂肪が酸化して 「黄色脂肪症(イエローファット)」になります。急性ではなく、慢性的な食生活の偏りがこの病気を発症します。治療も食生活の見直しなど、時間をかけて行います。

 

・レバー

症状が進むと起き上がれなくなります。過食するとビタミンA過剰症になるため、骨(脊髄)が変形したりします。

 

・かんきつ類 (ミカン・ユズ・レモンなど、みかん科の果樹)

大量に摂取した場合は、中枢神経系の抑制、炎症などを引き起こします。少量であれば軽い胃の不調の可能性があるが、重い症状は出ないでしょう。

 

いかがでしたか?何気なく与えていた場合は、気を付けるようにしましょう。

ペット火葬

ペット火葬

ペット火葬・お引取り・供養など、「ペットセレモニーおおくら」が大切なご家族の旅立ちを心を込めてお手伝いいたします。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2016 OFFICE OHKURA. All rights Reserved.