ブログ


犬と猫に与えてはいけない物とは?危険度中

生の豚肉犬と猫が食べてはいけないものはほぼ共通しています。今回は危険度中の食べ物をご紹介します

 

☆危険度 中☆

・ニンニク、ガーリックパウダー、ガーリックオイルなど

アリルプロピルジスルファイドなどが含まれているため、 溶血性貧血、ハインツ小体性貧血を起こす可能性があります。摂取すると赤血球に若干の変化は見られますが、大量に摂取した場合に限られます。

 

・アワビ、トリガイ、 サザエ、トコブシ

主に猫がなりやすいです。3~5月頃は貝の毒素が強いため、特に危険です。

 

・スルメ

スルメは胃で水分を含み、膨張します。10倍以上に膨れる事もあるそうです。膨れたスルメは腸を通過する事が出来ず、食道に詰まって吐く事も出来ずという、危険な状態になります。

 

・生の豚肉

犬・猫から人間まで感染する危険は同じですが、猫のみ、体内でトキソプラズマが完全に成長します。

 

・硬い骨 (鶏、鯛の骨など)

鶏の骨は鋭く尖った状態に割れるため、喉や消化器官を傷つける恐れがあります。特に火を通した骨は、割れて刺さりやすくなります。

 

・アルコール

アシドーシス( 意識障害、血圧低下、痙攣、呼吸障害)などを引き起こします。

 

・カフェイン

心臓や神経系への異常が確認されています。

 

次回は、危険度が低い食べ物についてお伝えしますね。

ペット火葬

ペット火葬

ペット火葬・お引取り・供養など、「ペットセレモニーおおくら」が大切なご家族の旅立ちを心を込めてお手伝いいたします。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2016 OFFICE OHKURA. All rights Reserved.