ブログ


犬が最後に見せる行動とは?

犬が最後に見せる行動私たち人間が老いるように、愛犬にも必ず老いがやってきます。そして残念なことに、別れの時期も必ずやってきます。

「犬は飼い主には死に際を見せない」と聞いたことがありませんか?

自分が弱って行く姿を見られたくないからか、本能的行動からか…一人ぼっちひっそりと死んで行く、そんな自然界。

必ずしもペットとして飼われているワンちゃんに全てが当てはまるわけではないと思いますが、ワンちゃん自身も、自分の死期が分かっているのではないかと考えることがあります。

そして、その飼い主さんが一番悲しまないような死を選ぶのだと。

そのことは、死に際の行動などを思い返してみると分かることがほとんどです。

飼い主を悲しませないために、あなたの愛犬は、最期の最期まであなたに気を遣い、そして、あなたのことを悲しませないような死を選ぶのです。

 

もし大事なペットが亡くなったら、悲しい現実と向き合うにも、乗り越えて行くにも、そしてそのあと、いい思い出に変えて行くためにも、多くの時間が必要です。

どうか、最後の最期まで、あなたが愛犬にとって、いつまでも幸せを感じさせてあげられるような、そんな飼い主でいてあげてください。

関連ページ

関連ページ

ペット火葬・お引取り・供養など、「ペットセレモニーおおくら」が大切なご家族の旅立ちを心を込めてお手伝いいたします。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2016 OFFICE OHKURA. All rights Reserved.