ブログ


犬が嫌いな人の気持ちとは?

犬が嫌いな人ペットのいない生活なんて考えられない、という人もいますが、そうでない人ももちろんいます。では、「犬が嫌い」「犬が苦手」な人は、主にどんなことが理由で犬が苦手と感じているのでしょうか?

 

鳴き声がうるさい

犬は基本的に吠えるものですが、近所の犬が吠え続けるといったことを経験すると、うるさい、怖いというマイナスイメージが頭に残り、犬が苦手となってしまいます。

 

噛む犬がいるので怖い

近所の犬にいつも吠えられる、うなる犬は噛まれそうで怖い、過去に噛まれた経験があるなど、トラウマになってしまうとなかなか恐怖心を取り去るのは難しいことです。

 

ニオイやよだれが苦手

犬にニオイやよだれはつきものですが、犬が苦手な人にとっては、それらを不快に感じることが多いのです。

 

飼い主のマナーが悪い

飼い主のマナーが悪いことで、犬に対して嫌悪感を持ってしまう人もいます。特に目立つのは、トイレの後始末をきちんとしないこと。散歩中に犬がトイレをしたのに、そのままにしてしまう飼い主もいます。

 

例えば両親が犬を苦手な場合、子供も同じように犬が苦手という人がいます。この場合は生理的に受け付けない人が多く、特に明確な理由もないので、生涯に渡って変わらないようです。食べ物や動物の好き嫌いは親から受ける影響が強く、親の様子を見て好き嫌いを決める傾向があります。

ペット火葬

ペット火葬

ペット火葬・お引取り・供養など、「ペットセレモニーおおくら」が大切なご家族の旅立ちを心を込めてお手伝いいたします。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2016 OFFICE OHKURA. All rights Reserved.