三重県のペット火葬・葬儀 | ペットセレモニーおおくら

電話(7~19時)・メール(24時間)でお問合せ下さい
090-5465-8694 【受付】24時間受付中【定休】365日対応中

ブログ


ワンちゃんのお洋服、真夏は着せてもいい?

服を着た犬犬の体温は平熱でも38℃ほどと高いのに加え、体には体温調節のための汗腺・エクリン腺がほとんどない暑がり体質で、夏に服を着せると熱中症になる可能性が大幅に高まります。冬に着せても耳の温度が高くなるだけで、お腹あたりはほとんど変化しないのです。厳寒の地でない限り、服を着せてもあまり意味はなさそうです。

 

犬が走り回ったあとにハァハァするのは、舌や口からの気化熱によって体温を下げるためで、全身汗まみれになることはありません。汗っかきをコンプレックスに感じている人にとってはうらやましい話ですが、同時に体温調整が苦手とも言えます。加えて、犬の体温は37.5~39℃と高く、犬種によって差があるものの、全般的に暑がりな動物なのです。

 

そして、服を着せた状態で散歩をすると、体温が1℃近くも高くなってしまうのです。

これはコンクリートに寝そべって体を冷やす時間にも比例し、散歩の距離が長くなるほど冷却を要するようになります。飲み水の量は冬の6倍にもなったというデータもあり、オーバーヒート気味なのは明らかです。よって、夏場はワンちゃんに服を着せるのは望ましくない、という結果と言えるでしょう。

 

オシャレも大事ですが、愛犬のことを一番に考えてあげてくださいね。

関連ページ

関連ページ

ペット火葬・お引取り・供養など、「ペットセレモニーおおくら」が大切なご家族の旅立ちを心を込めてお手伝いいたします。

ご依頼の流れ/料金はこちら

前の記事へ

«

次の記事へ

»
プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2016 OFFICE OHKURA. All rights Reserved.