三重県のペット火葬・葬儀 | ペットセレモニーおおくら

お気軽にお電話・メールでお問合せ下さい。
090-5465-8694 【受付】24時間受付中【定休】365日営業中

ブログ


「ペットロス」って何ですか?

「ペットロス」って何ですか?大切な家族であるペットがこの世を去ってしまった時、飼い主に訪れる症状を最近では「ペットロス」と称されています。

そもそもこの「ペットロス」とは、何でしょうか?

今日はゆっくりと、ご説明していきたいと思います。

宜しければお付き合い下さいませ。

 

◯ペットロスとは?

ペットを亡くしたことへの喪失感、空虚感、気分の落ち込みなどによる精神的に不安定になる状態を指します。

上手く改善できれば良いのですが、重くなると身体の不調へ繋がったり、うつ状態になる場合もあります。

 

◯詳しい症状とは?

精神的:不安、集中できない、落ち着かない、物事に悲観的、罪悪感、孤独感が強くなる、パニック状態になる、死んだペットの姿が見えるなど

身体的:すぐ涙が出る、食欲不振や過食、不眠、下痢、便秘、吐き気、腹痛、頭痛、頭が重い感じ、肩こり、痺れ、目眩、難聴、倦怠感、やる気がおこらない、蕁麻疹など

 

◯ペットロスの期間

人によって、短い場合もありますし、長く続く場合もあります。

数値だけで言うならば、30%は1ヶ月未満、20%は1ヶ月〜3ヶ月程、10%は3ヶ月〜6ヶ月程と言われています。

一方で18%の飼い主さんが「未だにペットロスから抜けられていない」という回答もありました。

 

◯なぜペットロスは長引くのでしょうか?

周囲の人とペットに対する価値観が合わず、気持ちを共有してもらえなかった場合等が原因の一つです。

上手く感情を吐き出すことができずに我慢してしまい、苦しみから逃れられなくなる人も少なくありません。

例えば、病気や不慮の事故で亡くなった場合、飼い主さんが自分を責め抜いてしまうことで、ペットロスから回復を遅らせることがあります。

「どうしてあの時、すぐ駆けつけなかったんだ」という後悔の念が残る事もあるからです。

 

◯「ペットロス」という言葉の定義について

これは、個人的な意見も含みます。

今は「ペットロス」という呼称で、愛する家族が亡くなり落ち込んだ状態を呼びますが、ペットや人間に関わらず、愛するものを失うということは、身を切られるような悲しみや苦しみを伴います。

だから「ペットロス」という言葉だけで、決して片付けないで欲しいという気持ちもあります。

愛していたから悩み、苦しむ症状です。

ですから「ペットだから」とかそういう事では、片付けてはいけない大切な問題です。

実際、亡くなってから「もうペットを飼わない」という選択をしておられる方もおられます。

ペットは大切な家族の一員でした。もう代わりはいません。

それを汲み取って頂き、どうか悩まれたり身体の不調を訴える方には、寄添い話を聞き、決して責めるような事は言わないであげて下さいね。

関連ページ

関連ページ

ペット火葬・お引取り・供養など、「ペットセレモニーおおくら」が大切なご家族の旅立ちを心を込めてお手伝いいたします。

ご依頼の流れ/料金はこちら
プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2016 OFFICE OHKURA. All rights Reserved.