三重県のペット火葬・葬儀 | ペットセレモニーおおくら

お気軽にお電話・メールでお問合せ下さい。
090-5465-8694 【受付】24時間受付中【定休】365日営業中

ブログ


ペットの癌の予防法とは?

ペットの癌の予防法とは?現代病の一つ「癌」

人間でも、男性では4人に1人、女性でも7人に1人という高い割合でなる可能性がある、なかなか根治が難しい病の一つです。

 

人間だけではなく、犬や猫でもなる可能性はあります。

ですが、なる前にするべき予防策もあります、今日はその事について書き綴りたいと思います。

 

「何故、うちの子は癌になってしまったの?」

「私に問題があったの?」

「お酒も、煙草も吸わないのになんで、癌になるの?」

と思われる方も、いらっしゃるかもしれません。

 

まず「なぜ」癌になってしまうのか、原因をまとめてみました。

・遺伝的な要因(犬種や猫種、家族性)

・環境による要因(体重管理、受動喫煙、汚染物質等)

だと、言われています。

 

以上の事から「予防」というポイントを集めてみました。

・不妊手術

・肥満を防止する

・癌の予防健康プログラム(早期発見)

・汚染物質を避ける(除草剤、殺虫剤、アスペスト、喫煙、灯油ストーブ等)

・バランスの良い食事

・ストレスの軽減

・規則的に管理された生活(定期検診)

が、効果的だと言われています。

 

その中でもとても大切なのは「肥満」「不妊手術」です。

またかかりつけの獣医のもとで定期的に検診を行い、健康管理もしましょう。

7歳までは年に1度、8歳以上は年に2回程行いましょう。

食事に関しても、できるだけDHAやEPAが含まれたものを食べさせてあげると、予防に効果的だと考えられています。

 

さて、先ほど出て来た「癌の予防健康プログラム」とは一体なんでしょうか?

病院で主に調べてもらう項目として

・詳細な病歴の聴取     

・身体検査(種類による好発癌を中心に)   

・尿検査(採尿は膀胱穿刺)  

・便検査(潜血反応含む)     

・完全な血球計算     

・血清生化学的検査     

・血圧

・心電図    

・塊がある場合はFNA又は組織病理 

・胸部・腹部四肢・頭頸部のX線検査

・胸部・腹部超音波検査(必要に応じて体表等)

・甲状腺機能検査等のホルモン測定(猫はFIV(猫免疫不全ウィルス)と猫白血病ウイルス(FeLV)の検査を追加 )

・オプション

犬猫の腫瘍マーカー(各種から)CT及びMRI

です。

ここまで飼い主さんは理解しなくても獣医からあらかじめ、このような検診をしますよ、と説明があるはずなので、きちんと了解して検診を受けて下さいね。

 

残念ながら、10歳以上のワンちゃんの死亡率の第1位は「癌」です。

4頭に1匹ということになります。だけど治る可能性も40%ほどきちんとあります。

決して症状を見逃さない様に、飼い主さんと獣医師さんとできちんと相談しつつ、予防を心がけていきましょう。

関連ページ

関連ページ

ペット火葬・お引取り・供養など、「ペットセレモニーおおくら」が大切なご家族の旅立ちを心を込めてお手伝いいたします。

ご依頼の流れ/料金はこちら
プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2016 OFFICE OHKURA. All rights Reserved.