三重県のペット火葬・葬儀 | ペットセレモニーおおくら

お気軽にお電話・メールでお問合せ下さい。
090-5465-8694 【受付】24時間受付中【定休】365日営業中

ブログ


ペットに食べさせてはいけない食べ物とは?(犬・猫編)

ペットに食べさせてはいけない食べ物とは?(犬・猫編)今回は、飼い主としては気をつけていても念頭に絶えず置いておきたい

「ペットに食べさせてはいけない食べ物」について。

 

食べ盛りでなおかつ食いしん坊なペットにねだられると、つい

「しょうがないなー」

と笑顔になり、甘やかしてしまうそこの貴方!

おっと、いけませんよ!

その手にしているものは、ペットが食べてもいいものでしょうか?

今一度、ペット別に確認していきましょう。

 

それによって命の危険のリスクを追ってしまう食べ物もあります。

よろしければ、ご覧頂けると嬉しいです。

今日はワンちゃん、ネコちゃんにとって危険な食べ物をご紹介致します。

 

・チョコレート

カカオ成分や高いほど、より危険です。カフェインやテオブロミンといった犬が排出できない化学物質が含まれているため毒性となってしまい、下痢や嘔吐の原因となります。

 

・玉ねぎなどのネギ類

ネギを少量でも摂取してしまうと、貧血を起こし嘔吐、下痢といった中毒症状を引き起こします。

 

・ぶどう

一粒摂取するだけでも、大変危険です、ぶどうに含まれる成分が原因で特に腎臓へのダメージが大きい事が報告されています。腎不全などの腎機能障害を煩い早ければ一日で死に至るパターンも報告されています。

 

・アボガド

人間にとっては健康的で「森のバター」と称されるくらい栄養のあるお野菜ですが、犬にとっては有害です。「ペルシン」という成分が原因で嘔吐、下痢を起こし、中毒症状が酷くなると、けいれんや呼吸困難に陥る可能性もあります。

 

・アワビ

アワビは猫が摂取することが、大変注意するべき食材です。

「ピロフェオホルバイド」という成分で、「光線過敏症」を引き起こす可能性があります。

過敏症で何気ない太陽の光により、皮膚炎を起こしてしまいます。

猫の耳は特に色素が薄いため、腫れや痒みを伴ってしまい、最悪壊死してしまいとれてしまう事もあります。

 

・生のイカ

特にイカの内蔵には注意が必要です。塩辛や様々に調理法はありますが「チアミナーゼ」という成分で、猫にとって必要なビタミンBを奪ってしまいます。熱をきちんと通したものなら大丈夫ですが、イカは消化にはよろしくない食材ですので与えすぎない事が一番です。

 

・アルコール

うっかり人間が零してしまったお酒をぺろりとワンちゃん、ネコちゃんが舐めてしまう事があるかもしれませんが、それは絶対に止めて下さい。零してもすぐ拭く様にしましょう。

アルコールは動物にとっては悪影響しか与えません。

何故なら、アルコール成分は身体で分解できず、最悪、死に至るパターンがあります。

 

いかがでしたでしょうか?

引き続き、様々な動物の「食べさせてはいけない食べ物や行動」についても、お伝えしていきたいと思います。

関連ページ

関連ページ

ペット火葬・お引取り・供養など、「ペットセレモニーおおくら」が大切なご家族の旅立ちを心を込めてお手伝いいたします。

ご依頼の流れ/料金はこちら
プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2016 OFFICE OHKURA. All rights Reserved.