三重県のペット火葬・葬儀 | ペットセレモニーおおくら

お気軽にお電話・メールでお問合せ下さい。
090-5465-8694 【受付】24時間受付中【定休】365日営業中

ブログ


ペットを飼うための必要な条件とは?

ペットを飼うための必要な条件とは?ペットブームが近年加速しており、誰でも簡単にペットを飼うことができる時代になりました。

 

専門のペットショップはもちろん、ホームセンターでもペットを取り扱う事が増えてきました。

 

ペットを飼う敷居が低くなりましたが、途中でペットを育てなくなり捨ててしまう人が増加しており社会問題になっています。

 

こういった問題が起こらないようにペットを飼う前に自分がペットを飼う条件を満たしているかどうか確認しておく必要があります。

 

今回はペットを飼うための必要条件をお伝えしていきます。

 

ペットと楽しい生活を!ペットを変える条件を確認しよう

 

ペットを飼うためには以下の条件を満たしている必要があります。

 

1.ペット可の物件なのか

2.経済状況の確認

3.ライフスタイルの確認

 

 

一つずつ解説していきます。

 

1.ペット可の物件なのか

 

賃貸物件には「ペット可」の物件と「ペット不可」の物件があります。ペット不可の物件の場合、ペットを飼うことができません。

 

例外的に、大家さんに相談をしてOKをもらえれば小動物を飼うことが許されるケースがありますが、許可をもらわずに飼うことは禁止されています。

 

ペット不可の物件で許可をもらわずにペットを飼いばれてしまった場合、ペットを手放すか退去を命じられます。

 

ペットを手放すのは現実的には難しいので、実質退去をしなければなりません。

 

しかも「ペットを飼ってはいけない」という契約事項を破っているため、損害賠償も支払う可能性があります。

 

賃貸物件でペットを飼う人は契約内容の確認を行ってから、購入を検討しましょう。

 

2.経済状況の確認

 

ペットはお金が何かとかかります。犬の場合であれば、犬自身の費用、ワクチンなどの摂取費用・ケージやエサなどの初期費用が必要となってきます。

 

また初期費用を払った後でも、毎日のエサ代やおやつ代、服代や病院代もかかってきます。

ペットには多額の費用が必要となってきます。

 

自身の家庭の経済状況をしっかりと確認してペットを飼える状態かどうかを確認しておきましょう。

 

3.ライフスタイルの確認

 

ペットの種類によって寿命が違いますが、10年以上生きるペットもいれば、何十年と生きるペットもいます。

 

例えば犬の寿命は12~15歳といわれています。その間に飼い主のライフスタイルが変わっていると思います。

 

自分の15年後を見据えた時にペットを飼える状況か可能な限り想像をしておきましょう。

その間に「海外へ引っ越す予定がある」「大きな人生の転機がある」などの場合は、そういった人生のライフプランを加味しながらペットを購入するか検討しましょう。

 

まとめ

 

飼い主はしっかりとペットを育てる責任があります。「かわいい」だけでペットを飼い、不幸にさせてしまうのは飼い主として失格です。

 

ペットにとって頼れるのは飼い主しかいません。お互い幸せになれるように購入前にしっかりと考えてからペットと楽しい生活を送ってくださいね!

関連ページ

関連ページ

ペット火葬・お引取り・供養など、「ペットセレモニーおおくら」が大切なご家族の旅立ちを心を込めてお手伝いいたします。

ご依頼の流れ/料金はこちら
プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2016 OFFICE OHKURA. All rights Reserved.