ペットセレモニー おおくら

当店では移動式のペット火葬車にてご自宅までお伺い致します。
ペット達が慣れ親しんだご自宅からのお見送りをお手伝い致します。
24時間・365日、対応しています。

主な対応地域:東海3県(愛知・岐阜・三重)

お知らせ

2019年1月1日より営業開始致します。
ペットセレモニー おおくら

ご葬儀のご案内

①お電話にてご住所、お電話番号、亡きペットの体重等をお知らせ下さい。

②立ち会い火葬、引き取り火葬、どちらかをお伺いします。また、ご希望の日程をお知らせ下さい。

③当方より、お値段及びお伺い日程をお知らせ致します。

④当日、お支払いをお願い致します。(各種クレジットカードもご利用頂けます。)



※東海地方以外にも出張致しますので、まずはご相談下さい。
ペット火葬車  ペット火葬車  ペット火葬車
ペット火葬専用のお車でご自宅までお伺い致します。車には社名やロゴ等の記載は一切なく、普通の車と違いはありませんので、ご近所の目を気にすることはありません。 また、ダイオキシン等の公害も無く、無煙、無臭ですので、ご安心下さい。

犬の死亡届け

犬の場合のみ、登録していた保健所・保険センターまたは各地域センター・各市町村役場に出向き、死亡届けに必要事項を記入して鑑札及び注射済票を添付して提出します。 期限は30日です。 これは狂犬病予防法で決まっていることなので延長は出来ません。死亡届けは郵送でも可能です。 また、各市町村のホームページからオンライン上で届け出る方法もあります。 鑑札及び注射済票は返却するのが一般的ですが、思い出の品として残しておきたい場合は相談してみてください。 死亡届けを提出していないと、愛犬が生きていると思われ、予防注射の案内や注射の督促状の送付が続いてしまいます。20万円の罰金命令が出てしまうこともありますので注意しましょう!

火葬出来ない動物もいます。

ブタやニワトリ、ヤギ、ウシなど。家畜とされる動物は、死後の扱いにも関係する法律『家畜伝染病予防法』から、民間のペット葬儀社や霊園などはお受け出来ません。 当店もしかりです。 例え、ペットとして飼っていた場合でも多くの場合が同じです。 サルも人間に伝染する病気を持つ可能性が高い為、断られるケースが高めです。これらの場合は都道府県知事の許可がおりた『死亡獣蓄取扱場』に相談して下さい。