ブログ


アレルギーとは?

ペット火葬

愛玩動物の毛・フケなどは、それだけでアレルゲンになり易く、またダニなどを増やす原因にもなるのです。

 

しかし、一方では、米国立アレルギー感染症研究所に於いて、生後1年以内に屋内に於いて2匹以上の愛犬・愛猫などを飼っていた赤ちゃんは育てていなかった乳児に照らし合わせて6~7歳に発育した時のアレルギー物質出現率がさらに低めだったと思われる告知を行なっています。

 

ペットによって運ばれた菌が死ぬ時に放たれるエンドトキシンと考えらえる毒素がアレルギーに繋がる免疫細胞の増殖を抑制された為と云うことです。

 

ペット1匹ではその効果が確認出来なかったとしています。

この判例は、赤ちゃんの過度な清潔思考もまた、抗原の理由となる思惑を論じています。

前の記事へ

«
プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      © 2016 三重県でペット火葬ならペットセレモニーおおくら