ブログ


ペットのお参りで必要なこととは?

ペットのお参りで必要なことについてみなさん飼っているペットが息を引き取ってしまい火葬して埋葬まで終わった後の話について考えたことはありませんか?命がある以上避けられない問題ではあります。しかし避けて通れない問題だからこそ向き合ってみるのはいかがでしょうか?

今日はそんなペットのお参りで必要なことについて書いていきたいと思います。

 

ペットのお参りに必要な道具やすることについて

ペットのお参りに必要な道具について見ていきたいとおもいます。道具については人のお墓のお参りと同じです。柄杓、お花、ゴミ袋、数珠、お香が必要となります。

道具を持って、柄杓でお墓に水をかけてきれいにしたり、古くなったお花や生えてきた雑草をごみ袋に入れたりしてきれいにすることは人のお墓と同じように掃除していきます。

することと言えば特に人のお墓参りとそこまで変わりません。

 

ペットのお参りにやってほしいこと

ペットのお墓をきれいにした後に手を合わせながら飼ってきた時期のことに感謝したり、「会いにきたよ」と声をかけてあげると亡くなったペットが喜ぶと思います。

せっかく可愛がっていたペットですので、できるだけお参りに行ってあげることをおすすめします。

霊園によってはスタッフの方がお参りをやってくれるところもありますが、ぜひ飼い主様がなんどかお参りするのが大切ではないでしょうか?

 

ペットのお参りで他のペットを連れていっても大丈夫か?

ペットのお参りで他の動物を連れて行っても大丈夫かという問題ですが、霊園によっては他の動物の連れ込みが禁止されている霊園もあります。

ペットの連れ込みが禁止されている霊園もありますので、予め確認してから霊園に行くようにしましょう。

また車の中に飼っているペットをおいて留守番させることはいかがでしょうか?留守番をさせるのはあまりおすすめしません。

例えば夏だと車の中は高温になります。よく小さなお子様が車の中においていくということがありますが、犬や猫の場合毛に覆われています。

毛に覆われているためより人の場合よりも熱中症になりやすいという事が挙げられます。

そのため熱中症対策として、夏の時期に暑い車の中でお留守番させるよりも涼しい場所でお留守番させるほうがいいのではないでしょうか?

どうしてもお留守番をさせるのが厳しいという場合は、飼い主様の家にシッターさんを呼ぶか、家族の誰かと一緒にお留守番をするなどの対策が必要になると思います。

ペット火葬

ペット火葬

ペット火葬・お引取り・供養など、「ペットセレモニーおおくら」が大切なご家族の旅立ちを心を込めてお手伝いいたします。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      © 2016 三重でペット火葬ならペットセレモニーおおくら