ブログ


飼っているペットのリスクを減らすためには?

飼っているペットのリスクをへらすために「飼っているペットが家族に危害を加えてしまった・・」「ペットが脱走してしまった」などということはペットを飼っているとリスクはゼロではありません。実際に動物が他人に危害を加えてしまったり、脱走することがニュースで話題になっています

今日はそのようなリスクに備えるためにどうすればいいかを考えてみたいと思います。

 

危害を加えてしまうというリスクについて

まず家族に危害を加えてしまうリスクを小さくするには2つあります。まず1つ目はしつけを学ばせることです。まぁこれは当たり前ですよね。

特に家庭でしっかりとしつけをすることが大切になります。

2つ目はストレスを与えすぎないということです。ずっとなで過ぎたり、構いすぎたりするとストレスを感じてしまいます。

ストレスを与えすぎないことで危害を加えないようにすることができます。

ペットによっては運動不足により危害を加えてしまうという種類もいますので、そのペットの種類を飼う前にどんな特徴があるのかを確認しておく必要があります。

 

脱走するリスクを減らすために

次は脱走するリスクを減らすようにするコツです。ちょっとしたスキに脱走してしまう可能性があります。

例えば鳥を飼っている場合は窓やドアを締め切った状態で鳥かごから出してやると脱走するリスクを減らすことができます。

また猫がペットの場合柵を設けることにより、猫が脱走するリスクが大きく減らすことができます。

このようにちょっと気を使うことで脱走するリスクを減らせることができます。

また脱走の原因の1つにはストレスが挙げられますので、ストレスを与え過ぎないようにしましょう。

犬の場合は脱走する原因は運動不足やおもちゃを使って遊ぶ時間を設けたりするなどコミュニケーションの不足とされています。

不足しているなと思ったときにはしっかりとペットと遊んであげましょう。体内でのマイクロチップを埋め込むことや個別認識票をつけることをおすすめします。

 

もしも脱走してしまったら

もしも脱走してしまった場合はどうしたらいいのでしょうか?まず「迷い犬」、「迷い猫」のチラシを作る必要があります。

チラシには犬や猫の外見的特徴、脱走した場所、犬を見つけた際の連絡先などを書いておきましょう。

人が多く集まるスーパーや最寄りの動物病院、ドッグカフェなどにこのチラシを貼れるかどうかを聞いてみましょう。

電柱や人の家のかべに無断ではることはできませんので注意しましょう。



ペット火葬

ペット火葬

ペット火葬・お引取り・供養など、「ペットセレモニーおおくら」が大切なご家族の旅立ちを心を込めてお手伝いいたします。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      © 2016 三重でペット火葬ならペットセレモニーおおくら