ブログ


ハムスターをペットとして飼うときに必要なことって?

ハムスターをペットとして飼うときに必要なことって?

げっ歯類のペットといえば皆さんはなにをイメージしますか?代表的なペットといえば「ハムスター」が挙げられますね。ハムスターと言えばアニメでもハムスターを取り扱ったり、非常に身近で飼いやすいという印象があります。しかし身近であるがゆえに飼育にあまり気を使われていないという側面もあります。そこで改めて注意したいこと、必要なことについて確認していきたいと思います

 

ペットとして飼うハムスターの種類について

身近で飼いやすいハムスターですが、実はいろんな種類があることをご存知でしょうか?

挙げられるのは「ゴールデンハムスター」「ジャンガリアンハムスター」、などがあります。

まず「ゴールデンハムスター」について紹介していきたいと思います。ゴールデンハムスターはハムスターの中では大型で人に慣れやすいという特徴があります。

基本的に人を噛むということはありません。

次に「ジャンガリアンハムスター」について紹介します。中国のジャンガリアン地方、シベリア原産のハムスターとなります。

 

ハムスターをペットとして飼うときに必要なこと

ハムスターをペットとして飼うときに必要なことは「ケージ」「底材」「回し車」「給水器」「トイレ」「かじり木」です。

底材はハムスターの体が隠れるくらいの量が必要で、汚れが目立つ前に定期的に交換する必要があります。

ハムスターは同じ場所にトイレをする習性があるのでトイレを用意し、そこでトイレをしてもらうと環境が清潔に保つことができます。

またトイレも定期的に清潔にすることが必要です。給水器はハムスターの水分補給のために必要で、回し車はストレスと運動不足の解消に必要不可欠です。

 

ハムスターを飼うときに注意するべきこと

ゴールデンハムスターを飼うときに注意すべきことはストレス下に置かれると噛み付いてきたり威嚇をしたりしてきます。とても気が強く、多頭飼いには向かない種類です。

そのためストレスを与えないようなスキンシップをとることが必要になります。

ジャンガリアンハムスターはゴールデンハムスターと比べると多頭飼いはしやすいですが、相性が良くない個体同士だと喧嘩をしてしまう可能性があります。

そのため繁殖させる気がないのであれば、多頭飼いはできるだけ避けたほうが無難です。

時々回し車の隙間に足が挟まってしまい骨折することがありますので、ガムテープで隙間を塞ぐことで骨折を防ぐことができます。

ペット火葬

ペット火葬

ペット火葬・お引取り・供養など、「ペットセレモニーおおくら」が大切なご家族の旅立ちを心を込めてお手伝いいたします。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      © 2016 三重でペット火葬ならペットセレモニーおおくら