ブログ


カエルを飼いたい!おすすめのカエルとは?

カエルを飼いたい!おすすめのカエルについて皆さんカエルといえばどんなイメージですか?よく梅雨の時期になったら出てくるイメージでしょうか?それとも南米に生息するカラフルな生き物でしょうか?

 

実はカエルは初心者の方でも飼いやすく、非常におすすめなんです

今日はそんなカエルについて調べてみたいと思います。

 

カエルを飼うのに必要なこと

カエルを飼うのに必要なこととはなんでしょうか?まずカエルを飼うための水槽と温度調整のためのヒーター、底材が必要となります。

時々水を交換したり、底材・を交換する必要があります。

小さいサイズのカエルなら高さが30センチ位の水槽、大きいサイズのカエルなら高さが60センチくらいのものを選びましょう。

水中で生活するカエルなら底材の必要がありませんが、地上で生活するカエルを飼うなら底材ととまり木が必要なります。

底材の交換時期は目安としては1ヶ月を目安としましょう。水は毎日変えるのが理想的です。

 

カエルを飼うときに注意したいこと

カエルを飼うときに注意したいことと言えば、まず1つめとしては世話を焼きすぎること、世話を焼かなすぎということではないかと思います。

例えば水を交換しなかったり、底材の交換を忘れたりしていたりしないように注意がひつようです。また構いすぎてストレスを与えてしまうのも禁物です。

離れすぎず近づきすぎずくらいの距離感で接するようにしましょう。

2つ目は多頭飼いをしないということです。多頭飼いをしてしまうとストレスで共食いしてしまう可能性がありますので、繁殖以外では多頭飼いをしないようにしましょう。

 

カラフルなカエルってどんな特徴があるの?

「カラフルなカエルってどんな特徴があるの?」と疑問に思った方もいらっしゃると思います。

なぜカラフルかというと色から「毒を持っているぞ」というアピールになり、他の動物から食べられるのを防ぐというものになります。

そしてカラフルなカエルは毒を持つものが多く、飼育するのが難しい種類が多いです。例えばヤドクカエルなどがその例になります。飼育に許可は要りませんが、素手で触ると体内に毒が入る可能性がありますので飼う場合は素手で触らないようにしましょう。

しかしペットショップで販売されているものに関しては飼育用に無毒化された状態で繁殖を行っているので、危ないということはありません。基本的にペットショップで販売されているもの以外のカエルに関しては危険ですので、絶対に触らないようにしましょう。

ペット火葬

ペット火葬

ペット火葬・お引取り・供養など、「ペットセレモニーおおくら」が大切なご家族の旅立ちを心を込めてお手伝いいたします。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2016 OFFICE OHKURA. All rights Reserved.