ブログ


ボブテイルとは?

ボブテイル今日も猫の品種を一つずつ詳しく紹介していきます。

 

猫の愛好家は、生まれながらの猫の動きのように、美しさと誇りとワイルドさ、そしてエレガントでとらえどころのない魅力に魅了されてきました。このため、野生の猫によく似たピクシーボブやベンガルなどの飼い猫の品種が作られました。ボブテイルもこの新しいグループの一部ですが、1つの違いがあります。この猫の誕生は、人間の想像力よりも偶然によるものであり、その特徴をより明確にして修正するために、遺伝的な改良もされました。その外観は、冬の毛皮をまとった小さなオオヤマネコのようですが、その優しくて自然な性格は社交的で、相手が人間であれ動物であれ、誰とでも仲良く交わります。

 

ボブテイル

 

起源

20世紀の60年代の終わりのアメリカで、ある農家の男性が休日をアリゾナ州のインディアン居留地跡の近くで過ごしました。ある日、彼は散歩中に非常に奇妙な茶色の斑点のあるトラ猫を見つけました。彼の外見だけでなく、彼の顕著な知性と活力にも興味をそそられ魅了され、彼を家族として迎え入れることを決め、農場に連れて行きました。そのあと、黒いしっぽや縞模様の子猫がたくさん生まれました。そのまま納屋に置かれたものもありましたが、中には配られたものもありました。青い目、短い尾、白い足。その結果は非常に好評でした。そして、隣人の夫人は育種と選抜プログラムを開始し新しい品種を作成しました。

 

キャラクター

ときどき、飼い主を驚かせるほどの活発な知性を持つ猫であるボブテイルは、他のペットや見知らぬ人と簡単に結びつく非常に社交性がある愛情深い性格を持っています。忍耐強く優れたハンターである彼は、とても力を込めて走ります。

 

形態

そのサイズは大きく、頑丈な骨があり、筋肉は常によく発達しているため、オスは過度に太ることなく3~4キロの重さがあります。頭は大きく、頬は強くよく発達しており、口はわずかに幅広です。目の間にわずかなくぼみがあります。耳は幅が広く十分に開いており、やや丸みを帯びた先端には、オオヤマネコの毛のような房があります。目はアーモンドの形をしており、少し傾いていて非常に大きくなっています。 胸は広く、丸みがあり、背格好はアーチ型で力強く見えます。脚は中程度のサイズですが、それは体との関係ではありません。そのため、脚はかなり短く、丈夫な骨と十分に発達した筋肉があり、後脚は前脚よりもわずかに長くなっています。

ペット火葬

ペット火葬

ペット火葬・お引取り・供養など、「ペットセレモニーおおくら」が大切なご家族の旅立ちを心を込めてお手伝いいたします。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      © 2016 三重でペット火葬ならペットセレモニーおおくら