ブログ


アメリカンショートヘアとは?

アメリカンショートヘア今日も猫の品種を一つずつ詳しく紹介していきます。

 

最初のアメリカ入植者が連れてきた猫と言われています。主に、船にひどいダメージを与えるネズミを根絶するという役割を果たしました。アメリカンショートヘアは、偉大なハンターとしてのキャリアを長年にわたって続けてきました。そして、現在でも狩猟スキルを失うことなく居間で過ごしています。攻撃力も優れていますが、戦闘精神の方が高く、乱闘を前にして立ち往生することはありません。優れた飼い猫であるにもかかわらず、太陽の下で横になったり、木に登ったり、夜間パトロールに出かけたりするため、屋外に滞在するのが大好きです。彼は独立性の高い猫ですが、とても愛情深いです。彼は、非常に頻繁に飼い主の抱擁を求めて目の前を往復します。

 

アメリカンショートヘア

 

起源

ヨーロッパ人に言わせれば、アメリカンショートヘアの起源はヨーロッパ人でもあります。それは、19世紀のヨーロッパの農民と鉱山労働者の間で大いに広まり、優良な狩猟猫として活躍しました。彼が最初にアメリカに渡ったのは1900年ごろでした。その価値が認められるには時間がかかりましたが、1971年ごろにはアメリカで人気を誇る猫として認められました。

 

キャラクター

アメリカンショートヘアは、とても素早く生き生きとした知性を持っています。彼の短い毛の見た目のイメージと同様に、彼は明らかに冒険心を持ち、家の外で冒険するのが大好きです。卓越した作業猫であり、強さと忍耐力と絶対的な自制を兼ね備えています。忠実で愛情深く、抱きしめられることを愛してやまないので飼い猫としても優れています。

 

形態

そのサイズは中規模から大規模で、骨は中規模ですが、筋肉組織は明らかに頑丈です。頭は大きすぎず小さすぎず、幅広で丸みを帯びています。一方、鼻口はやや正方形で適度に短く、顎も正方形で男性的な雰囲気に満ちています。耳はしっかりと離れており、中くらいのサイズで、幅が広すぎたり、基部が開いていたり、先端が丸められていたりしません。目は中程度から大程度で、十分に離れて丸みを帯びており、角が丸く、わずかに傾いた位置にあります。体は長方形で少し丸みがありバランスが取れています。胸は若干広いです。脚は中程度の長さで、体に比例して中程度の骨構造を持っていますが、頑丈な筋肉組織で包まれています。中型のサイズと長さの尻尾は、基部が太く、丸みを帯びた先端に向かって緩やかに先細りになるように伸びています。毛は短くて規則的です。密度が高く、厚く、環境の変化に対する耐性があり、湿気、寒さ、表面の怪我からの保護に適しています。

ペット火葬

ペット火葬

ペット火葬・お引取り・供養など、「ペットセレモニーおおくら」が大切なご家族の旅立ちを心を込めてお手伝いいたします。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2016 OFFICE OHKURA. All rights Reserved.