三重県のペット火葬・葬儀 | ペットセレモニーおおくら

お気軽にお電話・メールでお問合せ下さい。
090-5465-8694 【受付】24時間受付中【定休】365日営業中

ブログ


ペットの葬儀後に起こりえること

ペットの葬儀愛する人、ペットの死は精神医学的な問題を引き起こす可能性があります。うつ病との違いは人生に対する無関心です。

 

愛するものを失うことは、それを経験したすべての年齢の方にとって精神疾患のリスクを予想外に高めます。これは、コロンビア大学とボストン小児病院の精神科の研究者が、3万人近くを対象に実施した疫学調査の結果をもとに述べられています。実を言うと、それは新しい発見ではありません。死別が精神障害の引き金となることは古くから知られています。感情的喪失、うつ病、不安症の古典的な「障害」を発症します。PTSD、または心的外傷後ストレス障害。その名前が説明するように、それは、非常に強いトラウマによって発生する可能性があるものです。

 

ストレスに負けない

 

死の前に病気がある場合、それは精神的に準備できるケースで、ストレスに適応する時間があると言えます。しかし、死が突然の場合、ショックがあり、ストレスに順応する能力がありません。ここに心的外傷後ストレス障害が現れる可能性があり、痛みを長引かせ、複雑にします。突然のフラッシュバック、強迫観念、その瞬間に再び起こったかのように事実を想起させること。重要なのは損失だけではなく、それが発生する背景です。

 

痛みの病気?

 

最近のニュースがあります。病状から除外された精神医学の国際マニュアルである死別は、まるでそれが治療すべき疾患であるかのようにうつ病として「特定」されました。この包含によって、世界中の精神科医の間で激しい議論が起こりました。これに反対した人々は、死別は喪失事象に対する生理学的反応であると主張しています。

 

アンヘドニア

 

これも、何かの損失による痛みに含まれています。アンヘドニアとは、何かに興味を見つけることができず、喜びを経験できないことを意味します。この症状が2、3週間続く場合は、初期の病理学的状態の兆候です。それは本当の痛みを治療することはできません。治療法としては、苦しみによって引き起こされた状態から解放することです。

 

ペットの喪失。特に人が一人暮らしの場合は、多くの場合、共生の破滅を意味します。つまり人生のパートナーの喪失です。そしてペットが愛されていた分だけ、喪失に対する苦しみは比例するでしょう。

関連ページ

関連ページ

ペット火葬・お引取り・供養など、「ペットセレモニーおおくら」が大切なご家族の旅立ちを心を込めてお手伝いいたします。

ご依頼の流れ/料金はこちら
プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2016 OFFICE OHKURA. All rights Reserved.