三重県のペット火葬・葬儀 | ペットセレモニーおおくら

お気軽にお電話・メールでお問合せ下さい。
090-5465-8694 【受付】24時間受付中【定休】365日営業中

ブログ


対処法にまつわる様々なルール

ペットの葬儀ペットの葬儀の場合、喪に服すことは、私たちが「愛する人たち」を対象にするものからそれほど遠くないです。実際、私たちは自分たちが人間社会における苦しみや悲しみと同じものであることに気づきます。

 

ペットの葬儀は、信頼できる私たちの葬儀会社にご依頼すことをお勧めします。必要のある手続きやルールなどが多く、すぐに理解するのが容易ではないため、予期しない事態に直面するリスクがあるためです。すでにあなたの中に存在する感情的疲労の負荷を増大させます。尊重されなければならない死んだペットの対処に関するルールを最初にたどることが重要です。

 

例えば、犬の葬儀における最初の必須のステップは、獣医師に連絡することです。ペットが死亡した場合に最初にすべきことは、獣医師にその事実を宣言することです。犬の他にライオンや虎、ワニなど、人間に危害を加える可能性のある一部のペットには、人間と同じように、死亡証明書が必要です。その後、指定された日数以内に地方自治体に行く必要があります。死亡証明書の日付からそれが可能な日数はさまざまですので、十分な情報を得ることは不可欠です。次に、火葬のために葬儀会社に連絡することです。あるいは、動物の遺体の処分を扱う組織と協定を結んでいる獣医に任せることも可能です。

 

火葬サービスはペットが身体が原因で死亡した場合に厳密に施行されている健康と衛生の規制に関するルールを尊重することが不可欠です。感染症または細菌性疾患にかかるリスクがあるからです。なので、遺体の輸送に関しても、獣医師が作成した死亡診断書を含む一連の書類が必要になる場合があります。遺灰を保管できるという選択は、飼い主の多くが望むものであり、飼い主は家に保管するだけでなく、ペットの墓地に行くこともできます。

 

私有地にペットの遺体を埋葬する場合でも、いくつかの基本的なルールに従う必要があります。その中には、帯水層の近くではないことを確認し、分解可能なコンテナを使用するというものがあります。したがって、プラスチックや金属の材料での埋葬は禁止されていますが、段ボール箱や布やキャンバスの袋が推奨されています。一方、賃貸物件のスペースでは、より多くの許可が必要です。公有地での埋葬は絶対に禁止されています。

関連ページ

関連ページ

ペット火葬・お引取り・供養など、「ペットセレモニーおおくら」が大切なご家族の旅立ちを心を込めてお手伝いいたします。

ご依頼の流れ/料金はこちら
プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2016 OFFICE OHKURA. All rights Reserved.