三重県のペット火葬・葬儀 | ペットセレモニーおおくら

お気軽にお電話・メールでお問合せ下さい。
090-5465-8694 【受付】24時間受付中【定休】365日営業中

ブログ


私たちの使命!

私たちの使命!私たちが非常に愛着を持っていたペットが死ぬとき、私たちは深い痛みを感じますが、社会的に認識されないことがよくあります。私たちの感情は、他の人にとって気に留めないものだったり、嘲笑されたりすることがあり、それに直面したとき、表現することを恥ずかしがる方もいます。ペットの葬儀の欠如は、それらの不快感を悪化させる可能性があります。

 

ペットの葬儀は、私たちにとって仕事であると同時に使命でもあります。私たちは動物への愛情のおかげで、ここまで来ることができました。最後の別れの言葉だけが、一緒に過ごした十数年に値するものになるでしょうか。実際には、ペットの葬儀は何千年にもわたる深いルーツを持っているので、たとえ自分の対処方法を選んだとしても、それを忘れてはなりません。決して過小評価しないでください。

 

今日、有名な葬儀代理店による疑わしいキャンペーンでさえ受け入れられ、ペットの世界に進出していますが、彼らはお客様の愛するペットための優れたスキルを持っているでしょうか。私たちは、お客様に共感し、大きな問題にも対処する姿勢で取り組んでおります。ペットの死後も専用の火葬・葬儀サービスを提供することにより、その尊厳を尊重する機会を与えたいと考えています。

 

私たちは、お客様が愛するペットの喪失後に残る大きな空白を埋め、真の愛情の物語を尊重するために、日々懸命に働いています。私たちのペットは、事実上私たちの家族の一員です。このため、私たちは、彼らが亡くなったとき、愛する人を失ったことに対して感じるのと全く同じような空虚と痛みの感覚を残します。私たちの仕事は、人生全体をあなたと共有したペットが「廃棄物」として扱われるのではなく、私たちは真の愛情の物語を尊重するものです。

 

ペットが死んだとき、飼い主は様々な義務を負う場合があることを知っておくのも良いことです。例えば、狂犬病予防法によりますと、「同法4条1項の登録を受けた犬の所有者は,犬が死亡したときは、30日以内に,厚生労働省令の定めるところにより、その犬の所在地を管轄する市町村長に届け出なければならない」と定められておりますし、動物愛護法26条1項に定められているワニやカミツキガメなどの「特定動物」については,飼育に都道府県知事の許可が必要とされているところ,この「特定動物」が死亡したときには、「特定動物飼育・保管廃止届出」を都道府県知事に提出しなければなりません。

関連ページ

関連ページ

ペット火葬・お引取り・供養など、「ペットセレモニーおおくら」が大切なご家族の旅立ちを心を込めてお手伝いいたします。

ご依頼の流れ/料金はこちら
プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2016 OFFICE OHKURA. All rights Reserved.