ブログ


暑い日や寒い日、雨の日の散歩はどうする?

雨の日の散歩雨の日には無理に散歩に連れて行く必要はありません

排尿排便をお家の中で済ませられて、散歩に行きたそうにしていなければ、お家で遊んであげてください。

ただし、運動量の多いワンちゃんで、どうしてもお散歩に行きたがる場合は、飼い主がカッパを着てお散歩してあげましょう。犬はカッパを着る必要はありませんが、雨に濡れた場合は必ず乾かしてあげましょう。

 

暑い日の、日中の散歩は危険です

特に肥満動物・高齢動物・チワワやパグなどの短頭種は、熱中症の恐れがあります。必ず涼しい時間に、休憩しながら、水分摂取をしっかりさせてお散歩してあげてください。

一方で、犬は寒さには比較的強いのですが、心臓が弱い犬の場合は注意が必要です。暖かい家の中からいきなり寒い所に出ると、血管が収縮して心臓へ負担がかかります。少しの間、玄関などで外の寒さに体を慣らしてから出発するようにしましょう。

 

愛犬との散歩は、犬の飼い主ならではの醍醐味ですよね。実は、愛犬との散歩が飼い主の健康寿命を伸ばしてくれるという報告もあるのです。

 

天候の悪い日に人間がしんどいと感じるように、ワンちゃんもそう感じているかもしれません。愛犬が何をしたいと思っているのかを、じっくりと様子を見て判断しましょう。

ペット火葬

ペット火葬

ペット火葬・お引取り・供養など、「ペットセレモニーおおくら」が大切なご家族の旅立ちを心を込めてお手伝いいたします。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2016 OFFICE OHKURA. All rights Reserved.