三重県のペット火葬・葬儀 | ペットセレモニーおおくら

お気軽にお電話・メールでお問合せ下さい。
090-5465-8694 【受付】24時間受付中【定休】365日営業中

ブログ


ペットの終活について考える

ペットの終活について考える終活、とはなんだろう、とふと、思ったのです。

昨今、若い頃から「終活」を考えている人も増え、老いる自分がどう生きて亡くなってからのお葬式の手順やお墓、遺影まで自分で準備して過ごしていくというものです。

 

ペットの意味合いも昔に比べたら、大分変わりまして外飼いが基本だった家畜的ポジションから、室内飼いが普通の”家族の一員”という大切な存在へ変わっていきました。

人間より、老いるスピードがすごく早い動物達へ、飼い主さんがいつか来る「別れ」の為に、ペットである「家族」の為にやってらっしゃる方は、どんな「終活」をされているのか、気になったので調べてみました。

今日も、どうぞお付き合い下さいませ。

 

ペットの「終活」って一体、何をすることなんでしょうか?

一概に「これ」と断定する事はできませんが「残された時間を過ごすこと」と「見送り方」を軸として、そこからどう行動するか考えるかが、ポイントとなっています。

いつどうなっても、後悔のないように「別れ」を意識しつつ、思い出を沢山作っていくことも方法の一つです。

 

今まで行けなかった、ペット可のレストランやお宿に泊まってみたり、行った事のないドッグランへ遊びにいったり、写真を沢山撮ることもとてもいいことです。その瞬間にしか見えない表情もあるので、できるだけ残しておきましょう。そして機会があれば、ご家族とペットと飼い主さん達が入った可愛い似顔絵を残すのも、いいかもしれませんね。

 

老後の介護などで心配になる事もありますが、できるだけ、精神的に前向きな終活を迎えられるように努めましょう。

 

その上で、準備をしていた方が良い事を箇条書きで書いていきます。

 

・保険

既にペット保険に入られておられる方も多いと思います。亡くなったときの事もきちんと調べておきましょう

・病院

かかりつけの医師をできるだけ作って、日頃から定期検査などで体調を把握してもらい、いざという時にすぐ駆け込める様にしましょう。

・介護

老いるペットには介護が必要な場合も出てきます、自宅でもできることや、利用できる施設やサービスもあります。それらもきちんと知識を得てみましょう。

・亡くなった後の供養まで

「別れ」を経験すると、何も行動できず落ち込んでしまうと思います。

ですので、できれば紙に頼みたい火葬業者、儀式はどう執り行うか、納骨はどこで行うか等をきちんと決めておきましょう。形に残しておくのが一番だと思います。

 

「終活」とは、ペットが亡くなった時に後悔をしないための行動です。

幸せに共に過ごして、楽しかった、ありがとうと思える時期が早く来るように。

準備を、きちんとしておきましょうね。

関連ページ

関連ページ

ペット火葬・お引取り・供養など、「ペットセレモニーおおくら」が大切なご家族の旅立ちを心を込めてお手伝いいたします。

ご依頼の流れ/料金はこちら
プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2016 OFFICE OHKURA. All rights Reserved.