三重県のペット火葬・葬儀 | ペットセレモニーおおくら

お気軽にお電話・メールでお問合せ下さい。
090-5465-8694 【受付】24時間受付中【定休】365日営業中

ブログ


高齢犬と散歩を楽しむには?

高齢犬と散歩を楽しむには?今回は高齢犬には、必ずついてくる「散歩」のサポートについて、お話ししていこうと思います。

よろしければ、お付き合い下さいませ。

 

ワンちゃんにとって「散歩」は切っても切れない関係です。

行かなければストレスもすぐ溜まりますし、運動不足にもなりやすく肥満の問題も出てきます。

しかし年を重ねる事で、足の筋力は落ちますし、視力の低下もありますし、重ねて肥満状態ですと、関節にも影響が出てしまいます。

 

日々、飼い主さんがワンちゃんが歩く姿をきちんと観察する事で、サポートできる事も多いですので、是非、実践なさってみてくださいね。

歩きの速度が遅くなっていないかを見て、足をひきずったり、痛がる様子を見せていたら肉球を見て、傷や膝の痛みを確認してあげて下さい。

次いで、呼吸が乱れていたり苦しそうな表情をしていたら、心臓の異常が疑われるので医師に見せましょう。

 

散歩の途中で、いつもより極端に短く帰りたいそぶりを見せたら、少し休憩して声を掛けてリードを軽く引っぱるか、おやつで呼び寄せて少しでも歩いてくれることに期待しましょう。無理なら無理で仕方在りません、だっこしてお家に戻りましょう。

帰りはカートに乗せてもワンちゃんには気分転換になりますし、一台持っておくと、とても便利です。

いつも同じコースなら、時々は違う散歩道を開拓するのも、良いかもしれません。

間違えても強く叱ったり、リードを引っぱり無理矢理連れて行くのは避けましょうね。

 

段差や階段を嫌がったとしても、できるだけ日を改めて挑戦する様に頑張ってみましょう。

足腰を鍛える大切なリハビリのひとつになります、階段に限らなくても傾斜のある上り坂や下り坂も同じ効果が期待できます。手を変え道を変え、挑戦していってください。

 

季節ごとの気温の変化も、高齢犬には大切な問題です。

夏は気温が高く、直射日光で地面も高熱になっていて体力が奪われがちです。ですから日陰をなるべく選び、こまめな水分補給をして、保冷効果のある洋服を着せる事も良いです。

冬は気温が下がりますので、逆に日が照っている昼間になるべく散歩を済ませて上げる様にしてあげてください。短毛の犬には温かなボアの洋服や、氷点下になりそうならダウンジャケットなどしっかり防寒しましょう。靴の使用もお勧め致します。

 

いかがでしたでしょうか?こちら以外でも、気をつけるべき部分は沢山在りますが、絶えず飼い主さんが寄添い、体温調節やカートを上手く利用する事によって、何より楽しいお散歩を目指す事が大切だと思います。

関連ページ

関連ページ

ペット火葬・お引取り・供養など、「ペットセレモニーおおくら」が大切なご家族の旅立ちを心を込めてお手伝いいたします。

ご依頼の流れ/料金はこちら
プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2016 OFFICE OHKURA. All rights Reserved.