三重県のペット火葬・葬儀 | ペットセレモニーおおくら

電話(7~19時)・メール(24時間)でお問合せ下さい
090-5465-8694 【受付】24時間受付中【定休】365日対応中

ブログ


どっちが飼いやすい?小型犬と大型犬の特徴をご紹介

どっちが飼いやすい?小型犬と大型犬の特徴をご紹介愛くるしい姿と飼いやすさからペットとして人気が高いワンちゃん。「自分の家も犬を飼いたい!」と検討している人も多いのではないでしょうか?

ワンちゃんには様々な種類があり、犬種によって性格や好みなど全く違うためいろんな個性があり選ぶのが悩んでしまうかと思います。

今回は小型犬と大型犬どちらが飼いやすいかをお伝えしていきます。自分の住まいやライフスタイルに合わせて自分に合ったワンちゃんを選んでいきましょう。

 

●こんな人に読んでほしい記事です。

・小型犬か大型犬どっちを飼うか検討中…
・それぞれの特徴を教えてほしい

 

大きさより犬種を重視しよう

実は犬の飼いやすさは大きさより犬種を重視したほうがいいと思います。
同じ小型犬でも散歩に長時間連れて行かないといけない犬種とあまり外が好きではない犬種、かまってほしい犬種いれば、かまってほしくない犬種がいるなど犬は本当に個性が豊か。

まずは「ペットに何を求めるか」を決めることが大切かと思います。単純な見た目、触れ合いたい、番犬になってほしいなど人によってニーズは様々。

犬種を調べ犬の特徴を調べその後大きさの検討をしてみてはいかがでしょうか?

 

大型犬と小型犬の違い

ペットに何を求めるかを決めたうえで大型犬と小型犬の一般的な違いを理解していきましょう。代表的なものは以下の3つになります。

1.経済的な違い
2.大きさの違い
3.賢さの違い

一つずつ解説していきます。

 

1.経済的な違い

大型犬と小型犬は単純にえさの量が違います。大型犬のほうが量を食べるため一般的に2倍の違いがあると言われています。

またトリミング代やおもちゃの消費スピード、ペットシーツの消費などを考えると大型犬のほうが経済的負担は大きいといえるでしょう。

一般的に小型犬は年間8万円の支出、大型犬は13万円の支出があるといわれているため、ご家庭の経済状況に合わせて考えてみるといいでしょう。

 

2.大きさの違い

単純に物理的な大きさの違いがあります。小型犬は集合住宅などでも飼いやすく室内犬として飼われることが多く、大型犬は戸建てなどに住んでいる人が飼われる傾向があります。

集合住宅の場合、大型犬は飼ってはいけないところもあるためしっかりと確認をしておきましょう。

 

3.賢さの違い

一般的に大型犬は知能が高く3~5歳ほどの知能を持つといわれています。
そのため、しっかりしつけを行えばトイレの場所も覚えてもらえますし、家を守る番犬として活躍するでしょう。

小型犬も大型犬もどちらもいいところがあります。自分のライフスタイルに合った犬種・大きさのワンちゃんを選んで楽しいペットライフを満喫してくださいね。

関連ページ

関連ページ

ペット火葬・お引取り・供養など、「ペットセレモニーおおくら」が大切なご家族の旅立ちを心を込めてお手伝いいたします。

ご依頼の流れ/料金はこちら
プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2016 OFFICE OHKURA. All rights Reserved.