三重県のペット火葬・葬儀 | ペットセレモニーおおくら

電話(7~19時)・メール(24時間)でお問合せ下さい
090-5465-8694 【受付】24時間受付中【定休】365日対応中

立会 個別火葬


熊野市 C・O様

ウサギの死

先月、うちのうさぎが亡くなりました。

 

享年8年でした。ネザーランドドワーフという種類なんですが、お耳が短くて顔が丸くてかわいかったです。

最初に出会った時から病気がちではありましたし、病院にもたくさん行きましたが、長く生きてくれました。十分にお世話してあげられたということもあり、悔いはないのですが、やはり亡くなってみるとかなしいものです。
私は半年前に他県から引っ越してきたのですが、三重県ではおおくらさんがペット葬儀で有名と近所のうさ友から聞いたので、おせわになることにしました。

ペット葬儀屋というと、亡くなったペットをゴミを焼くように扱うことが多いですが、おおくらさんの場合は違いました。電話受付のときから、うさぎの思い出についてお話しを聞いてくださいまして、やさしい言葉をかけてくださいました。火葬の時も始終やさしく接してくださいまして、最期のお別れのときも一緒に拝んでくださいました。
予約が取りやすく、価格もリーズナブルであったこともあり、また、こちらの細かい希望も聞き入れてくださいましたので、全体的に満足度がとても高かったです。
ペット葬儀ならおおくらさんをぜひオススメしたいです。

津市 Y・K様

ハムスター

お世話になったのはパールホワイトのハムスターです。うちのハムスターは3カ月前におうちに来ました。前のハムスターを育てた時、ストレスを与えてはいけないと思い、自然の日没の時間になるとケージにタオルをかけて暗くするなどしていました。そのため、触れ合うことが少ないまま死んでしまったので、とても悔いがのこりました。そこで、今回の子には生きているうちに、たくさん触れ合っておこうとしたのです。
生まれて3週間ぐらいで、近所のペットショップで出会い、お家にお迎えしました。お迎えした日から積極的に触れ合いました。ところが、おうちに来て2か月を過ぎたころに、下痢がはじまってしまいました。


近くの病院にいったところ、トリコモナス原虫という寄生虫がついていました。病院でもらったお薬をあげましたが、とてもまずいようで結局あまり飲んでくれず、下痢が悪化しました。最後は直腸脱をおこし亡くなってしまいました。
小さくて死んでしまったのでとてもかなしかったです。そんな中、葬儀をお願いしたのがおおくらさんでした。
おおくらさんにお願いして印象的だったのが、常にてきぱきと無駄なく対応してくださるところと、心遣いです。
かなしいですが、気持ちよく送ることができ本当によかったです。

桑名郡 D・K様

りす

3年飼ったりすの葬儀をおおくらさんにお願いしました。このりすは小学校のときに買ってもらった子です。学校から帰ってくると登ってくるかわいいこでした。また、肩に乗せて自転車にのってお散歩にもよくいきました。
このりすは実はわたしのはじめてのペットだったので、過去に葬儀をした経験がありませんでした。りすが亡くなったとき、ペットを飼っている友達によい葬儀屋さんを知っているか尋ねたところ、おおくらさんがよかったよと聞いたので、わたしもお願いすることにしました。
おおくらさんに電話をしたところ、かなり動物に詳しい印象をうけました。りすはかなりマイナーなペットだと思うのですが、大きさや特徴についてとても詳しく葬儀をお願いするのに安心だと思いました。
おおくらさんのほうで、りすの大きさに合わせて時間の予定を決めてくださいまして、火葬がスムーズに進みました。
ハッキリ言って、うちのお爺さんの葬式のときのお坊さんよりも、ていねいに送ってくださったことです。
うちのこは天国でしあわせにしているに違いないと思います。おおくらさんをオススメしたいと思います。

松阪市 T・O様

ダルメシアン

おおくらさんのお世話になるのはこれで3度目です。前はシェパードとドーベルマンでお世話になりました。今回はダルメシアンでした。
我が家のダルメシアンはとても温厚な性格で、いつも家族の中心にいました。でも歳には勝てません。とうとう亡くなりました。おトイレがしっかりできる子で、最期も力を振り絞って、庭に出てトイレをして、そのまま動かなくなりました。

我が家のダルメシアンが亡くなったあと、お通夜をしました。そして、一晩泣いていました。
夜が明けて、お葬式をするため以前お世話になったおおくらさんにお願いすることにしました。
おおくらさんにお願いしたのは、前回と前々回にとてもよくしても頂いたことです。受付もていねいで、予約も取りやすく、火葬のときも我が家のわんこを大切に扱ってくれるからです。今回も、いつものとおり我が家のダルメシアンを大切に扱ってくださいました。
また、大型犬であるため焼くのに時間がかかることにも、心遣いいただきました。今回も前回教えて頂いた近くのカフェで焼けるのを待ちました。
骨もゆっくり拾わせてくださって、骨壺に入れていただき最後まで感じよく対応していただきました。次回もおおくらさんにお願いしたいです。

度会郡 G・P様

ハチワレ

うちのはちわれ猫が10歳で往生しました。もともと、このこは庭で親猫とはぐれてにゃーにゃ―泣いていたので、私が家に連れて帰って我が家の猫になりました。うちにはもう一匹先住猫がいましたが、このこはやんちゃなので我が家の主のようになってしまいました。
ずっと元気いっぱいだったので、突然の死に言葉もありませんでした。力が抜けて何もできないぐらい落ち込みました。そんな中、気力を振り絞って、葬儀できる場所を探したときに見つけたのがおおくらさんでした。

電話をすると男性のやさしい声がして、猫の特徴について聞かれました。はちわれの話をすると、その方もはちわれが好きなようで、私の話に耳を傾けてくださいました。私が話してすこし落ち着くと、丁寧に葬儀の時間と段取りについて説明をしてくださいました。
私はゆっくりお別れをしたかったので、翌日の夕方に火葬する予約をすることにしました。
予約した時間に駐車場に行くと、火葬車がやってきました。火葬車は一般のワゴン車と変わらない形をしていました。中からおおくらさんがでてきて、猫をていねいに寝かせて、花を添え、最後のお別れの時間をくださいました。人の葬儀と同じように丁寧に執り行われ感謝しております。

いなべ市 I・U様

ウサギ

私がおおくらさんのお世話になったのは、7年一緒に暮らしたウサギのうーさんが亡くなっと時でした。7年間ずっと一緒にいたので、亡くなった後もペットロスに苦しみました。
亡くなったあと葬儀の手配をしなければと、ネットで近くのペット葬儀を探したところ、おおくらさんを見つけました。
電話すると、くわしくうーさんを腐らせないためにやるべきことを指示してくれました。

 

さらに、一晩はうーさんと一緒に居たいと伝えると、翌日の昼に火葬を勧めてくださいました。
私はペット不可のマンションに住んでいたため、火葬車がマンションの前に来るとウサギを飼っていたことがバレてよくないので、少しはなれたお寺の駐車場で火葬していただくことになりました。
駐車場に行くと、火葬車の横におおくらさんが立っており、深々と頭を下げました。それから、私を気遣う言葉を述べられてから、火葬の手順の説明をくださいました。
人間の葬式には何度か参加しましたが、それ以上に丁重にうーさんを扱ってくださいました。しっかりお別れができたので、気持ちが落ち着きました。
焼くのにかかる時間についても、説明くださり、近くのカフェで時間をつぶすように教えて下さいました。最後までていねいでとても印象が良かったです。

多気郡 S・T様

ジャンガリアンハムスター

ジャンガリアンハムスターを飼っていました。私にとって初めてのペットでした。大切に育てましたが、1年6カ月して肝臓病になってしまいました。治療のかいなく亡くなってしまいました。ハムスターの死を受け入れられず一晩泣いていました。

ずっと泣いていると天国に行けなくて困るという情報をネットで見たので、葬儀をできる場所をさがしました。そこで、見つけたのがおおくらさんでした。
ハムスターが亡くなった悲しみで取り乱している私にやさしく声をかけてくださいました。そして、葬儀の日時決めるために、ハムスターの大きさなどについて確認されました。こういう確認作業のときも、言葉遣いがやさしく、私の心情に配慮をしてくださいました。こうして、申し込みをしてすぐ火葬の時間を予約することができました。
火葬の前、火葬車の前でおおくらさん深々をお辞儀をし、礼儀正しくハムスターを受け取ってくださいました。そして、ハムスターを私が持って行った紙の棺のままでは紙(ダンボール)は焼けないらしく、白いマット?の上に遺体を置くと、周りに花を私と一緒に添えて下さいました。

骨が残るようにと、火の強さを調節したおかげで、骨を拾うことができました。
つぎのハムスターのときもおおくらさんにお願いしたいです。

鳥羽市 K・Y様

手乗り文鳥

手乗りの小鳥が亡くなりました。家の中ではわたしの肩にとまったり、勉強をしているときは鉛筆にとまったりするかわいい小鳥でした。家の中で人になれすぎたため、冬にこたつの掛布団の中にもぐっていて、家族に踏まれて亡くなりました。とてもかなしかったです。
そんなとき、お世話になったのがおおくらさんです。

おおくらさんを知ったキッカケはホームページです。過去に別のペット葬儀業者さまに葬儀をお願いしたことがありましたが、あまりいい経験ではなかったので、今回は別の業者さまにお願いしようということで、ネットでさがしたのです。

電話で問い合わせをしたとき、とてもていねいな印象を受けました。言葉遣いがきれいで、やさしい話し方をされました。さらに、しっかり小鳥の大きさや希望の日時などについて聞かれました。わたしの場合は、一晩お別れの時間が欲しかったので、翌日の昼にお願いしましたら、対応して頂けました。
お葬式は人の場合と同じように丁寧にとりおこなわれました。棺に小鳥を寝かせ、周りにお花を敷きつめました。
小さな骨が残るようにと、火加減を調節してくださいました。おかげで、骨を拾うことができました。ありがとうございました。

員弁郡 K・U様

犬

愛犬が肝臓の病気で亡くなりました。愛犬がかわいいあまり、自分が食べるケーキを分けてあげたりしたためです。愛犬が生きていたときは、愛犬を枕にして一緒に寝たりしていました。愛犬のことが大好きでした。亡くなったとき、とてもかなしく、とても落ち込みました。
でも、動かなくなった愛犬をしばらく見て、葬儀をしてあげることにしたのです。
近所にあるペット葬儀を調べたら、おおくらさんが見つかりました。私のペット仲間の間でも使った人はいなかったので、ペット葬儀とはどのようなものか全く知らずに申し込みました。
結論を先に言いますと、おおくらさんにお願いしてとても良かったです。なぜなら、始終丁寧に対応してくれるからです。こちらの細かい要望もしっかり聞いてくれて、愛犬にとってしあわせな葬儀だったと思えたからです。
たとえば、愛犬の大好きだったおやつを一緒に焼くこともゆるしてくれました。また、焼く前のお別れの時間も10分ほどいただき、お別れの気持ちが収まりました。
おおくらさんも犬を飼っているようで、私は愛犬がかわいいからついついケーキをあげてしまったことについても、気持ちを理解してくれました。
また、おおくらさんにお願いしたいです。

四日市市 C・K様

シャムネコ

うちのねこが21歳で大往生しました。シャムネコの雑種だったのですが、健康の自己管理が行き届いたねこでして、とても長生きしました。ながく一緒に暮らしたねこなので、別れを受け入れられず、お花を添えて氷をつけてしばらく家に置いていました。そうしたら、だんだん内臓が腐敗してきましたので、火葬を決断しました。
おおくらさんはネットでペット火葬と検索して見つけました。電話で問い合わせをしましたら、とても礼儀正しく受付してくれました。さらに、遺体が痛まないようにする方法もおしえてくれました。
突然の申し込みでしたが、火葬を即日対応してくれました。8月のある晴れた日でした。火葬車の前にうちのねこを運んでいくと、係の方が深くお辞儀をされ丁寧に受け取ってくださりました。焼くための炉がありまして、その上にうちの猫を寝かせ、まわりに大好きだったおやつやおもちゃ、そしてお花をたくさん載せました。
お別れする前に、ねこに対する私の想いをたくさん聞いてくれました。火葬は、骨が残るようにしながら、かつ私を待たせないように配慮して火力を調整してくれました。
全体にとても満足でした。

三重郡 K・T様

ウサギ

おおくらさんにうさぎの葬儀をお願いしました。はじめて飼ったうさぎでしたので、葬儀も初めてでしたが、電話での受付けから最後までとても丁寧に対応してくださりました。
担当された方はうさぎによく理解を示してくださり、自分のうさぎを亡くしたように私の悲しみを受け止めてくださりました。
11月の寒空の中での火葬になりました。にもかかわらず、おおくらさんはダウンジャケットなどを着ずにご近所の目を気にされて作業着で対応してくださりました。そして、私のうさぎに対しても最後まで敬意を払ってくださりました。
火葬を始める前に、うさぎのことを気遣って一番綺麗に焼ける場所を選んでくださったり、ゴムやプラスチック以外のおやつとおもちゃを入れさせてくださったり、お心遣いにとても感謝しています。
特に印象に残ったのが、火葬する前にうさぎを撫でてくださって、「とてもきれいな毛並みですね」といって悲しそうな顔をされたことです。とてもやさしい方なんだなと思いました。
火葬が終わって骨を拾うとき、どの骨がどの部分かを丁寧に説明してくださりました。私のうさぎはうっ滞で亡くなったのですが、その原因となった胃の中に詰まっていた毛玉の灰も、おおくらさんが教えて下さりました。また、おおくらさんにお願いしたいと思いました。

伊賀市 H・K様

ハムスター

育てていたハムスターの火葬でお世話になりました。とても物腰の柔らかい方で、ハムスターが亡くなった悲しみに寄り添って話を聞いてくれました。とても迅速に対応して下さり、火葬車の準備がすぐに整いました。
火葬車の前で亡くなったハムスターと最後のお別れの時も、すぐに焼くのではなく、生きていたころの思い出などの話をじっくり聞いてくださいました。そして、綺麗なお花をたくさん添えてハムスターをなでてくれました。火葬を担当された方も以前ハムスターを育てていたようで、ハムスターのことにとても詳しく、ハムスターがかかった最後の病気についてもよく理解を示してくれました。
焼き始める前に最後のお別れのため十分に時間を取ってくださり、ハムスターの最後の姿を気が済むまで見届けることができました。ハムスターの骨が小さいので、猫などと同じ火力で焼くと遺骨が無くなってしまうということに配慮して下さり、火力を弱めて丁寧に焼いてくださいました。
焼き終わって骨を拾うとき、風が出てきたので遺骨が飛ばされないように風よけになってくださいました。そして、最後の一本まで遺骨を拾えるように、小さな骨を一緒にさがしてくださいました。
冬の日だったのですが、最後に私たちが風邪をひかないように気遣ってくださり、とても感謝しています。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2016 OFFICE OHKURA. All rights Reserved.