【NY市場】株高好感してドル高円安進行

 週明け26日のNY市場でドル円は105円40銭台まで大きく上昇した。ロンドン市場で105円台にしっかり乗せたドル円は、米債利回りの上昇や寄り付きから大きく買われた米株式市場動向にドル買い円売りの動きを強め、105円台前半でしっかり。昼前に、いったん調整の動きが強まり、株が上げ幅を縮小し、米債利回りも東京午後の水準に落とされる中で、104円台へ値を落としたが、104円台では買いが入る展開となり、105円台を回復。NY午後に株高の動きが加速し、米債利回りも再び高い水準での推移となると、朝の水準を超えて105円40銭台まで上値を伸ばした。  欧州通貨は対ドル、対円ともにしっかり。ユーロドルはバイトマン独連銀総裁の強気発言もあってロンドン市場で1.24台にしっかり乗せると、NY朝に1.2460超えまで上値を伸ばす展開に。リスク選好の動きを受けた対円での買いがユーロを支えた。  ポンドも同様にしっかり。英労働党がハードブレグジット回避に前向きとの英国での報道なども支えとなっている。 minkabu PRESS編集部 山岡和雅