【NY市場】ドル円は111円挟んで上下動 米政府機関閉鎖のリスクも意識

 きょうのNY為替市場、ドル円は111円ちょうどを挟んで上下動した。朝方は戻り売りが強まり110円台に再び下落。前日は上値抵抗が強かった111円を回復したもののなお上値が重い印象。ドル安の動きが上値を抑えていたほか、前日のダウ平均が300ドル超の大幅高となったにもかかわらず、本日の日経平均が下げたことも重しとなっていた模様。  そのような流れの中、米株が利益確定売りに押されていることで一旦見切売りが出ているようだ。一時110.70円近辺まで下落。しかし、その後は米株も下げ渋ったことから111円台に戻している。  米政府機関閉鎖のリスクも意識されている。米下院は暫定予算案を今夜採決するための動議を可決した。下院に関しては可決できるものと思われるが、問題は上院。米上院民主党は暫定予算案を拒絶する票を確保しているとの報道も一部伝わっている。  与党共和党は2月16日まで約1ヵ月間のつなぎ予算を編成して政府閉鎖を回避したい考え。トランプ大統領も支持している。しかし、民主党からは予算に合わせ、子どもの時に親に連れられ不法入国した若者らの救済策を講じるように要求し、反対する共和党と対立している。現行のつなぎ予算は明日19日に期限が切れる。  一方、ユーロドルは底堅さを堅持。東京時間の早朝には一時1.2165ドル付近まで下落する場面も見られたが、下値での押し目買い意欲は依然として強く1.22ドル台に戻している。  このところ、ユーロは上げ一服の感も出ているが、今週はECB幹部から直近のユーロ高をけん制する発言が相次いでいた。ただ、一部からは実効為替レートでのユーロ高は緩やかな上げに留まっており、ECBが警戒を強めるレベルにはまだ達していないとの指摘も聞かれる。貿易量の多い対ポンドでは上昇していないためであろう。  来週のECB理事会は要注意。ユーロに関しては目先の最大の注目イベントだが、特にガイダンスには変化はないと見られている。しかし、ドラギ総裁の会見がこれまで通り慎重姿勢を強調するようであれば、ユーロは調整が入るリスクも警戒される。景気自体は好調だが、足元のインフレはまだ目標に向かう気配までは見せていない。  ユーロと伴にポンドも堅調。ポンドドルは一時1.39ドル台を回復し、その後に伸び悩んだものの高値圏での推移が続いた。一方、ポンド円も154円台で推移。  市場ではEU離脱協議への楽観的な見通しも広がっており、ポンドは力強い動きが続いている。今月発表になる英GDPも高めの成長が期待される中、市場の予想よりも早めの利上げの可能性も意識し始めているのかもしれない。当初は追加利上げは早くても来年との見方だったが、年内の可能性も見始めているようだ。 minkabu PRESS編集部 野沢卓美