【東京市場】7ヶ月ぶり指値オペで瞬間円安

 午前の市場で日本銀行が7ヶ月ぶりとなる指値オペを実施、買いオペの増額も行い、 金利の上昇を阻む姿勢を強調。 ドル円は一気に円安に振られる場面が見られた。  その後一旦は円高に振られる展開となったものの 午後にかけて再び円安がやや優勢となるなど ドル円は堅調な展開が続いた。  日銀の出口戦略が意識される中で 現時点での金利上昇を許さない姿勢を強調したことで ドル円、クロス円の買い安心感に繋がった。  その他通貨でもドルはやや堅調。 10年債が一時2.795%と2.8%に迫るなど 米債利回りが上昇傾向で、ドル高を誘った。  ユーロドルは1.25台を維持できず、 豪ドルは0.80を割り込むなど、 ドルは全面高基調に。 minkabuPRESS編集部山岡和雅