【東京市場】109円台後半でもみ合い

 週明け四日の東京市場で、ドル円は109円60銭台を中心としたもみ合いが続いた。  先週末109円台半ばで引けた後を受けての週明けの市場。週末のG7で議長総括として「世界経済システムの信頼性を損なうとして懸念を示した」と米国の保護主義的な姿勢を牽制したことなどから、若干下げて始まり、早朝に109円台半ば割れを付けたものの、すぐに109円台半ばを超えると、その後はもみ合った。  午前中は仲値にかけてのドル買い需要に109円77銭と今日の高値を付ける動きも、仲値後に少し落とすと、その後は109円60銭台を中心にほぼ膠着していた。  イタリアの政局不安が一服したユーロは比較的堅調な動き。先週末の米雇用統計の好結果を受けたドル高に一時1.16台前半まで落とされたユーロドルは、週明けも朝方は1.1650台での推移となったが、その後じりじりと上昇し、1.17に迫る動きを見せている。 minkabu PRESS編集部 山岡和雅