【東京市場】米通商問題重石にドル安円高

 週明けの東京市場、朝方報じられたトランプ大統領による欧州に対する追加関税示唆などを受けて、ドル売り円買いの動きが広がった。  先週末を110円割れで引けたドル円は、若干円高の動きが優勢で始まったものの、その後いったんドル買い円売りに。もっとも上記発言を受けてじりじりとドル安円高が広がり、午前中に109円台半ば割れと、サポートとみられた109円台半ばをあっさりと割り込む動きに。  その後も戻りは鈍く、頭の重い動き。日経平均の下げ幅が後場に広がり、200円を超える流れに。米債利回りの低下なども含め、リスク回避意欲が強まる中で円買いの動きが強まり、後場には一時109円30銭台に。    ユーロドルが1.1640台へ値を落とす展開。さらに大きく下げたのが、ユーロ安と円高の両面から売りが出たユーロ円で、128円台前半から127円台前半へ値を落としている。 minkabuPRESS山岡和雅