【東京市場】様子見ムードが広がり、小動き

 21日の東京市場、ドル円は19銭のレンジ内での取引。朝方、株の上昇や下値しっかり感を受けてドル買い円売りが優勢に。もっとも112円70銭までと、海外市場での112円72銭に届かず、レンジ内での取引に。    その他通貨も基本的に小動き。前日大きく振幅を見せたユーロドルは1.17台前半で15ポイントの小動き。様子見ムードが広がる展開に。  豪ドルは0.75台半ばを挟んでもみあい。NZドルは若干軟調で0.68を割り込む場面も見られた。リスク警戒の資源国通貨売りの流れは継続。 minkabu PRESS編集部 山岡和雅