【東京市場】株高支えに円安優勢

 昨日の海外市場、米国の祝日で取引が閑散となった北米市場でドル円は110円30銭台を付ける動きを見せた。  日経平均が朝から上昇。ザラ場の高値として、バブル崩壊後の最高値を付ける中、リスク選好の円売りが広がる展開となった。  110円台半ばをいったん割り込んだことで、円高に一服感も出ていた。  ドル円は110円90銭台まで上昇。111円は付けきれなかったものの、高値圏もみ合いに。  ユーロドルなどでのドル買いは一息で、ドルではなく円中心の動き。ユーロ円が136円台を付ける動きを見せた。  その他通貨でやや目立ったのがNZドル売り。乳業大手フォンテラが先月牛乳の価格見通しを引き下げたことで、今晩実施される電子オークションでの価格低下が懸念されており、NZドルの対米ドルでの売りを誘った。もっとも値幅は限定的で、円安の勢いが勝っており、対円ではそれほど下げていない。 minkabuPRESS編集部山岡和雅